探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【松原照子氏】世見9/3日本とユダヤ~「かごめ、かごめ」の唄はヘブライ語を含んでいる?


今日は、松原照子さんの世見を題材にする。
今日9月3日の、「日本とユダヤ」と題したブログ記事だ。
地震予知や災害から離れて、日本と古代イスラエルの関係について考えてみたい。


f:id:nmomose:20160903234406j:plain

大和民族と失われた十部族

大和民族は失われた十部族の中の血を受け継いでいる。
ヘブライの血を」
「日本とユダヤは十二の数字で繋がっている」
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/09/03より)
松原照子さん|misaのブログ


いきなりそう来ますか。
もちろん、大和民族の全部ではなくて、一部ならば同意できる。


日本とユダヤは12の数字で繋がっているというので思い起こされるのは、秦氏が12の数字にこだわったこと。
下記の記事で書いているが、梅原猛氏も、そのことを指摘している。


tankyu.hatenablog.com

「十七という数字もヘブライに繋がる数字で、聖徳太子はこの十七にこだわり憲法も十七とした」
「かごめ かごめ かごの中の鳥は‥‥」この歌の意味は深い。かごめとはダビデの星章。イスラエルの国旗にも見られます」
(松原照子、同上)


ちょっと怪しい領域に入ってきた。
かごめかごめとか、日本民謡ヘブル語説とかは、慎重に考えるようにしている。
それだけアヤシイ言説が飛び交っているので。

「かごめ かごめ」の童謡はヘブライ語

童謡「かごめ かごめ」については、この道の探求者にはよく知られた「日本とユダヤのハーモニー」で、中島尚彦氏がヘブライ語との関連について言及している。
やはり、この唄はヘブル語で説明できるというのだ。


カゴメ」という言葉は、「囲む」「擁護する」を意味するヘブル語「カゴー」と、「誰」「何」を意味する「ミー」から成り立っているという。
「カゴーミー」が「カゴメ」に転訛したのではないかと。


www.historyjp.com

ソロモン王と垂仁天皇の関係

「ソロモン王と垂仁天皇とは同意識を持っていた」
(松原照子、同上)


ハッ…。
10支族日本渡来説を生涯探求したユダヤ人、ヨセフ・アイデルバーグ氏は、ソロモン王と垂仁天皇を対比させた。
なぜ松原さんがそのことを知っているのだろうか?


実は私は、部分的に故アイデルバーグ氏の遺志を継いで、このへんの説を推し進めるある発見をした。
まだ公の場で書いていないが、なんとか発表の場を持ちたいものだ。

「原子炉爆撃計画進行中」
「テルアビブ 巨大な建物は今後テロに注意」
(松原照子、同上)


なぜ、古代イスラエルから現代イスラエルに?
なんだか不穏な終わり方をしているが、本当にこういうことが起きたら大変だ。


果たして、「進行中」が現実になることがあるのだろうか?
なんとか続きを書いてもらいたいものだ。


聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎 (Natura‐eye Mysteria)

聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎 (Natura‐eye Mysteria)

松原照子の大世見 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)

松原照子の大世見 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email