探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ




災害

【警告】今年はの粥占は大地震よりも「水害」が警告されている~九州豪雨に続いて東北で記録的大雨~新潟・山形・宮城・福島で浸水被害

今日は東北の山形県などで大雨による浸水被害が発生しているが、今後も被害が拡大する恐れがある。 今日はリマインダー的に、新春の粥占で、今年は全体的に大地震よりも水害に「警告」が出ていたことを再度周知する。

【災害】令和2年7月豪雨の爪痕+NHKの番組を見てわかった避難する・しないの決断の大切さ

今夜NHKで『豪雨災害 いま何が必要か 命を守る”避難”スイッチ』が放映されたが、ここでは水害などの際に避難する決断の難しさ、大切さを見る人々に考えさせられた。

【note】7月から日本で始まること~マリアさんのハイヤーセルフより知らされた重要な情報

今日はnoteでヒプノセラピストマリアさんとの共作の定期購読マガジンで、新たな記事を公開した。 これは今後の日本で起きる災害などの非常に重要な内容を含んでいて、マリアさんが催眠状態でハイヤーセルフから告げられたものだ。

【災害】「感染症のパンデミック+大災害発生」連鎖の法則が記録で判明!五輪は中止か?首都直下地震は?

今日TOCANAで掲載された私の執筆記事は、「パンデミック発生中に大災害が発生したらどうなるか?」あるいは「大災害発生後の混乱期にパンデミックが発生したらどうなるか?」というテーマを扱ったもの。

【災害】東京五輪までに大地震か大水害のいずれかが起こる可能性あり~日本の運命は黒潮で決まる

今日TOCANAに掲載された私が執筆した記事は、黒潮の大蛇行期と直進期にはそれぞれ異なる大災害が待ち受けているという内容で、非常に重要なことを書いている。

【防災】日本と自分の未来(1)~大地震・津波・火山噴火・破局噴火・原発事故

日本の未来においては、大地震・津波・火山噴火・破局噴火・原発事故は、必ず来るものと考えておいて防災観念を高めておくべきということを書く。

【地震】クロアチアでM5.4の被害地震~なぜ建物倒壊が起きるか?~これから揺れそうなところは?

昨日はギリシャでM5.7の地震が起きたが、今日は同じヨーロッパのクロアチアでM5.4の被害地震が起きて、建物の倒壊も見られた。 その被害状況で日本の建物の耐震性などを考える良い機会なので解説するとともに、今後はどのあたりで大きな地震が起きそうかも書…

【災害】地震?水害?東北?マリアさんが土砂崩れを懸念~マリアさんと聖地巡礼がニアミスするのは何故?

ヒプノセラピストマリアさんが、以前から気になっていた3月に何かが起こるのは地震の他に何らかの原因で土砂崩れを懸念していることと、なぜか私はマリアさんと聖地巡礼でニアミスしたりするのが不思議なので、それも書くことにする。

【災害】巨大地震と新型コロナ等パンデミックが重なる時~江戸末期の南海トラフ・首都直下地震・風水害・コレラ

江戸時代末期の安政時代に、南海トラフ巨大地震と今でいう首都直下地震がダブルで襲い、さらに犠牲者が10万人ともいわれる風水害にも襲われたが、その後にはコレラの流行もあり、このような多重的な災害などが発生した際のことを日本でも想定しておくべきだ…

【3.11から9年】なぜ日本人は「自分だけは死なない」と思ってしまうのか?命を奪う「認知バイアス」の恐怖

東日本大震災から9年目の今日、TOCANAで執筆した記事は、歴史的に繰り返し被災する日本人の幼稚な「平和ボケ」に徹底してメスを入れた内容だ。 具体的には、さまざまな「認知バイアス」といった「思い込み」「偏見」などによって災害から命を落としてしまう…

【3.11:百瀬の記事】メディアが書かないタワマンの致命的リスクを学者が指摘+東日本大震災の記憶

2万2千人以上の命が奪われた東日本大震災から明日で9年たつが、高層マンションに住むデメリットが非常に多いことがあまり知られていないのは、「メディアタブー」だからだということなどを訴えるため、TOCANAで執筆した記事が今日掲載されたので紹介する。

【防災】池上彰氏が真剣に考える『南海トラフ巨大地震から身を守れ!』~名古屋で大地震が起きる?

ジャーナリストの池上彰氏が地震学者の監修を受けて執筆した『南海トラフ巨大地震から身を守れ!』という本を紹介するが、他に私が過去にヴィジョンやダウジング地震予測で頻繁に「名古屋」や「東海」が出てきたので、やはり大都市名古屋で大きな被害が出る…

【災害】南海トラフ・三陸沖・富士山噴火~大災害シリーズの中で「慶長地震がそのままに起こる」を再考する

スズさんが夢で「慶長地震がそのままに起こる」と耳元で囁かれてから5年が経つ。 今日は東日本大震災で始まった大災害シリーズの中で、過去の事例を参考にして、まだ起きていない地震・噴火で、どのようなことが起きるのかを考えてみたい。

【防災】南海トラフ巨大地震、海抜ゼロ地帯は「半割れ」を想定して事前避難を~津波から助かる手段を考えた

南海トラフ巨大地震で、南海トラフ全域が一度に割れるのではなく、「半割れ」状態で巨大地震が起きた際に、その後に1週間ほどは「事前避難」を呼び掛けているが、そうではなく全域が一度に揺れた場合でも、お年寄りや障害者の人々も津波から避難する手段も含…

【災害】口永良部島噴火で「プチ災害シリーズ」の始まりか?南海トラフも?+関東強めの地震に注意

2/3に鹿児島県・口永良部島で噴火が起きて、過去にこの火山噴火の前後に日本で大規模な地震が起きていたことを示したが、他に鹿児島県の桜島や諏訪之瀬島の噴火の前後にも同様に大きな地震が起きていたことが多いので紹介する。 また強い体感とハムスターの…

【西日本大震災】南海トラフ地震の津波:5m以上「非常に高い」助かる確率をシミュレーションする

1/24に政府の地震調査委員会が、南海トラフ巨大地震の津波が今後30年以内に起こる確率を推計したが、その結果はショッキングな内容だ。 想定震源域に近い静岡、三重、和歌山、高知県などで5m以上の津波が26%以上の高確率で襲来するというが、何mの津波では…

【災害】阪神・淡路大震災から25周年~大地震で犠牲になる人と助かる人の分かれ道は?

【題名:深江本町阪神高速倒壊現場、作者:神戸市(CCライセンス 表示2.1 日本)】 ※サイズやテキスト付加などを百瀬が改変。今日1月17日で、阪神・淡路大震災から25周年となるが、地震発生直後に亡くなった人々の原因を調べると意外なことが見えてきた。 今…

【大地震】阪神・淡路大震災から25周年~25年間で何を学んだか?学ばなかったか?~動物の前兆現象

4日後の1月17日は、1995年に兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)が発生してから25周年になる。 6千人以上の犠牲者・行方不明者が出てしまった大震災から、われわれは何を学んだか?何を学ばなかったかを何回かに分けて考えてみるが、まずは当時報告されていた…

【災害】オーストラリアの森林火災の一部は放火だった~200人が逮捕か?~火災は数カ月は続く見込み

現在続いているオーストラリアの森林火災(山火事)は、原因のひとつには放火があるとされ、逮捕者が出ていることがわかった。

【地震】オーストラリアの熱波の原因は?猛暑と地震との関係~森林火災からコアラたちを守ろう

オーストラリアで続いている熱波(猛暑)により、大規模な森林火災も発生しているが、この原因となっているのが、インド洋で発生中の「ダイポールモード現象」というもので、これとインド洋や日本の猛暑や大地震の発生に関係があるかどうかを検討する。 また…

【災害予測】2020年の災害の展望~今年は日本で水害や大地震が発生しやすいか?南海トラフ巨大地震も含めて

今日は、今年2020年にはどのような自然災害が起こり得るかを考えてみるが、特に水害と地震に絞って、災害を引き起こす可能性がある要因とともに探っていきたい。

【災害】2019年の自然災害を振り返る~2019年は更に大地震が増えるのか?

今年最後の記事として、この2019年にどのような地震・水害などの自然災害が起きて、どのような傾向があり、来年の災害にどのように備えれば良いのかを考えてみたい。

【地震】原発大国フランスでも日本でも想定外の大地震で原発崩壊の危機!

今日TOCANA に掲載された、私が執筆した記事は、フランスの想定外の地震によって、同国に数多くある原発事故の大惨事が襲う可能性を書いたもの。 ではフランスと日本は、地震による原発事故で大惨事となるリスクが、どちらが高いのかなどを考えてみたい。

【首都直下地震】あなたは「震度6弱」を体験しましたか?私は「震度7」も体験した~防災観念を高めるために

唐突ですが、みなさんは、「震度6弱」を体験したことがありますか? 私は、無いけれど、あります。 そのような体験をしたかしないかによって、イザという時の実際の大地震発生時の心構えが違ってくる。 そのことを自分の体験に基づいて紹介する。

【防災】今年の台風被害拡大は「先人の教え」を軽視した結果だ~「住んではいけない土地」の見分け方

昨日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載されたが、昨夜のブログ記事を投稿した時点では気づいていなかった。 この秋に起きた台風15号・19号などによる甚大な被害が出た水害は、年頭の粥占で予言されていたということと、そもそも地震や水害に弱い「住んではい…

【災害】大地震など災害の前に行っていたこと~過去のスマトラ島沖地震などの前の聖地巡礼+スズさんの印佛セット

大地震・巨大地震の発生では、実は多くの犠牲者が出ることを回避するために、前もって知るさまざまな術がある。 各種の前兆現象もそうだが、広義には、予言、予知夢、聖地巡礼などがあり、今回は過去に私の人生が変わった2004年スマトラ島沖地震・津波などの…

【大地震】南海トラフ巨大地震から制定の「世界津波の日」に過去の大津波を振り返る~百瀬の「津波のヴィジョン」

あす11月5日は「世界津波の日」だが、なぜこの日なのかはあまり知られていない。 小泉八雲が小説にした「稲むらの火」という津波に関する逸話ならば知っている人がいるかもしれないが、安政南海地震の実話に基づいた日なのだ。 また、世界津波の日を前に、ど…

【災害】「地震・台風・雨・津波」~災害は「住んではいけない土地」に住むから起きる~住む街の危険度を知るには?

昨日の記事で書いたが、来年は今年以上に地震や台風に要注意の年となるかもしれないが、本来「住んではいけない土地」に住んでいる人は、今後に迫る大災害の被害を回避するためにも、自分が住む土地を考え直す必要があるのではないか。

【災害】エルニーニョ/ラニーニャ現象と台風・地震との関係~来年まではもっと大変か?

太平洋の赤道周辺の海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」と逆に低温になる「ラニーニャ現象」と、大地震・台風の発生には大いに関係がある。 エルニーニョについては、その終息から1年ほどの期間にも大地震が発生しやすくなる傾向があるが、では今年日本…

【水害】台風19号、被害の原因は?住まない方が良い土地は地震にも共通~今後の防災に役立てるべき点

台風19号ハギビスは、東北から関東甲信越を中心に甚大な被害をもたらし、世田谷区や武蔵小杉などの「セレブ」地域も大きな被害が出たが、これを機に、災害リスクが低く住むに適した土地とはどこかについて考えてみる。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email