探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震・体感】6/16日向灘でM4.5+頭痛体感でダウン~関東周辺大きめの地震に要注意

スポンサード リンク

昨夜6/16 22:39に、日向灘でM4.5の地震が発生した。
宮崎市で最大震度3を記録した。
これも、1週間ほど前のクジラ「ユメゴンドウ」の打ち上げに対応する地震だったのではないか。

発生時刻 2017年6月16日 22時39分頃
震源日向灘
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 31.9度
経度 東経 131.9度
震源 マグニチュード M4.5
深さ 約20km


f:id:nmomose:20170617080815j:plain


6/10あるいはそれ以前に、宮崎市の赤江浜にユメゴンドウ7頭が打ち上げられていたことは、6/11の下記の記事で書いた。


tankyu.hatenablog.com
 

その記事を書いた翌日6/12に、日向灘でM2.7の地震が起きたことは、下記の記事で書いた。


tankyu.hatenablog.com
 

ユメゴンドウ打ち上げは宏観異常現象

それに続いての、昨夜の地震だった。
ユメゴンドウ座礁から6日後に発生したことになる。


前述の2回の地震と、ユメゴンドウが漂着した赤江浜の位置をマッピングしたのが、下記の地図だ。


f:id:nmomose:20170617075157j:plain


昨夜の震源は、より赤江浜に近く、東沖50km弱の地点だった。


魚類の打ち上げという現象が地震の発生と関係していることを否定する人も、さすがに今回の対応は他の要因では説明がつかないのではないか。

後続の地震は?

懸念されるのは、地震学者が警戒する日向灘の大地震だ。
6/12の記事で、こう書いた。

だが、この地震で「終わり」とは限らないかもしれない。
一つには、やはり想定していた規模よりも小さい地震だったということ。


やはり、終わりではなかった。
M2.7という規模で終わるとは、あまり思えなかった。


だが、さあこれで終わりかというと、まだ疑問が残るところだ。
防災三昧に表示している広島のラドン濃度グラフでは、距離が遠すぎるため、わからない。


被害が出る大地震ではないとしても、もう少し規模が大きい地震日向灘で起きることを想定しておいた方が良いかもしれない。

頭痛体感

昨日もブログを休んでしまったが、午後から頭痛がひどくなり、ダウンしていた。
この記事は、翌朝に書いている。



6/15の記事で書いた「6/18(日)~6/19(月)頃に関東で大きめの地震があるか」とは別なのか、それとも一つの大きな地震の前兆なのかは、なんともいえない。


【地震】6/14高知県中部M4.4+酷い頭痛体感~今週末に関東で大きめの地震か? - 探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求


いつも書いているように、たとえば埼玉県南部など近場だと、それほど規模は大きくならない可能性もある。
「体感」では、相対的な電磁波(?)の強さでしか判断できず、地震の大きさは距離がどのくらい離れているかによって変わってくる。


いずれにしても、関東かそれ以遠か、週末から週明けにかけて、念のため大きめの地震に注意してください。


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット


www.shinpi3.com


https://www.instagram.com/p/BVarr6LgL20/
【愛弥美】目の大きさでは私といい勝負。Ayami's eyes are so big like her father.#愛弥美



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.