読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震予言】福岡県久留米市の大学稲荷神社の粥占祭で「地震に注意」+諏訪湖で「明けの海」

災害
スポンサード リンク

今日は、地震の予言としての粥占(かゆうら)についての話題を。
「粥占って何?」という人は、1月25日にTOCANAの記事を紹介した下記の記事を先に読んでみてください。


tankyu.hatenablog.com


福岡県久留米市御井町の大学稲荷神社で2月12日、初午祭(はつうまさい)があり、粥に生えたカビの状態から今年の運勢を占う「粥(かゆ)占い」の結果発表があった。

f:id:nmomose:20150406105814j:plain
 


この神社では、毎年1月16日にかゆを本殿に奉納して、約1カ月後(2月の最初の午の日)にカビの色や位置などの他、かゆの乾燥具合から、その年の作物の出来や天候などを占う。

「災害に注意」

占いの結果では、福岡県筑後地区を表す部分には「凶」を表す黒カビが少量見られた。
これは、「大風(台風)」、「地震、陥没」などの災害に注意が必要という意味だという。


今年の粥占で、はっきりと「地震に注意」と出たのは、岐阜県の伊太祁曽(いたきそ)神社の管粥神事がある。
岐阜県だけでなく、福岡県あるいは九州でも大地震

諏訪湖でも「明けの海」に

ちなみに、長野県・諏訪大社がある諏訪湖の「御神渡り」現象はどうだろうか?
いきなりそう書いても、わかる人は限られているだろう。


諏訪湖で恒例の、氷が割れて筋ができる「御神渡り」が見られるかどうか?
見られない年は「明けの海」といって、凶年なのだ。


そして、今年も4季連続で「明けの海」となってしまった。


www.jiji.com


過去の「明けの海」の年に起きた災害や不幸は以下の通り。


もっとも、近年は明けの海になることの方が多いので、それほど深刻に捉えない方が良いかもしれない。
地震などの大きな災害が無ければ良いのだが。


諏訪神社 謎の古代史―隠された神々の源流

諏訪神社 謎の古代史―隠された神々の源流

諏訪大社古代イスラエル


https://www.instagram.com/p/BQnVx7nlCNZ/
【今日の食卓】ガイヤーン(焼き鳥)とカイパロー(豚肉と厚揚げの煮物)。カイはタイ語で卵のことだけど切らしたので卵抜きのカイパロー。タイハーブ入りのLOBOブランドの素を使用。甘くて子供たち大好き。Kai paro and Gai yang.


https://www.instagram.com/p/BQlppZ0F-Fj/
【愛弥美】おはよ。Mornin'
「妹がほしい」って…。^^;



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.