読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【TOCANA】岐阜周辺で大地震発生? 大災害を当てまくる全国神社の「粥占」、2017年の結果が激ヤバ!

災害
スポンサード リンク

今日、TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
今回も地震・災害関連です。
毎年恒例の記事。


1月に行われる伝統行事、「粥占」(かゆうら)です。
『岐阜周辺で大地震発生? 大災害を当てまくる全国神社の「粥占」、2017年の結果が激ヤバ!』と題した行事。


かつて、東日本大震災福岡県西方沖地震熊本地震を神々が予言したといわれる。
昨年は、今の時期にはTOCANAでネタ出しを見送った。
多くの神社が「今年は平穏」という結果が出たというのでは、記事ならないだろうということで。


f:id:nmomose:20170126001539j:plain
 


その後、昨年4月に熊本地震が的中した時には、トカナで書いたが。
その時の記事は、下記にある。


tankyu.hatenablog.com

TOCANAの記事

まず、トカナの記事を読んでみてください。
今年は「平穏」では終わらなかったからこそ、記事にできました。


tocana.jp


今年はやはり、平穏な年という総評が出た神社が多かった。
だが、トカナで書いたように、地震が起きるという結果が出たところがあった。
以降では、今年の地震災害の有無について検討する。

諏訪大社御神渡り

まず、諏訪大社から。
筒粥神事の結果だが、昨年同様の三分五厘。
だが、粥の入りに今年はばらつきがあり、質的には少し落ちるという。


また、御神渡り(おみわたり)現象が起きずに「明けの海」の凶年となるのか。
ここで、記事に書けなかった最新情報を。


25日朝の諏訪の最低気温は氷点下10.9度と、この冬一番の冷え込みで、諏訪湖は今季初めて全面結氷したという。
御神渡りが見られる可能性が出てきたようだ。

伊太祁曽神社岐阜県高山市丹生川町

次は、岐阜県の伊太祁曽(いたきそ)神社の管粥神事。
地震の項では「見ゆ」つまり「起きる」と出てしまった。


では、今年起きるとして、どこで起きるのだろうか。
もし、伊太祁曽神社がある岐阜県で起きるとしたら?


過去に大きな地震があったといえば、1891年10月28日の濃尾地震(M8.0)がある。
これは、日本史上最大の内陸地殻となった。
震源は、岐阜県本巣郡西根尾村(現・本巣市)だった。

濃尾地震の再来?

濃尾といえば、松原照子さんの世見「濃尾も今から126が注意」を思い出す。
(2012/02/08「世界の天候」より)


濃尾地震が起きた1891に126を足すと、「2017」になる。
ということは、「2017年に濃尾地震に注意」ということだろうか?


まったく嫌な推測だが、現実にならなければ良いのだが。


もっとも、管粥神事の地震の予言は、岐阜県ではなく、中部地方なのかもしれない。
そうすると、南海トラフ地震東海地震)も含まれる?


いや、もっと範囲を広げて、日本のどこかで大地震となる可能性も?


いずれにしても、この地震のご託宣は、今年ずっと忘れずにいたいものだ。



https://www.instagram.com/p/BPqdCuADhD1/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.