探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

石川県能登地方でM4.1地震~ダウジング予測の結果は?

スポンサード リンク

さきほど2014年9月27日0時35分頃、石川県能登地方でM4.1の地震があった。
震源能登半島西端の海士岬あたりの内陸部で、深さ10Km、最大震度3だった。


9/22の記事で書いた、能登半島から佐渡ヶ島にかけての低水温域というのは、この地震の前兆だったのだろう。


なぜこのような小規模の地震を取り上げるかというと、ちょうどダウジング地震予測をしていた近くだったので。


f:id:nmomose:20140927022624j:plain


地震予測ダウジングは、9月21日夜に行っていた。
いろいろ地震前兆が出ていて気になったから、やってみたのだろう。
下記Twitterでツイートしておいた。



マップダウジングを行ってペンデュラムが振れた佐渡ヶ島の西30Km沖というと、ちょうど
北米プレートとユーラシアプレートの境界線上あたりだった。
これに対して、今日の地震震源は、能登半島の西端あたり。
両者の間の直線距離は、ざっと見て110Kmほどだ。
下記のGoogle Earthの地図に、震源ダウジングポイントを書き込んでみた。


f:id:nmomose:20140927094945j:plain


ダウジング予測から5日後に起きた地震として、これが対応する地震だったといえるかもしれない。
だが、110Kmの誤差は、自分的には不本意なところだ。
最近ダウジング予測をあまり行っていなくて、勘が鈍っているのもあるかもしれない。
自分の目標は、コンスタントに誤差が50Km以内になるように予測できること。
だが、これがなかなか難しい。


こういうことは、あまり「趣味」や「遊び」の感覚で行うべきではないと思っている。
自分の中で地震がありそうだなと思う時に、行うことにしている。
ダウジング予測の対応する地震が、本当に今日の地震だったのか、それとも今後もっと大きな地震があるのだろうか。


いずれにしても、日本海側はもうしばらく注意が必要かもしれない。
たとえば、福井県丸岡町ラドン濃度は、まだ26と高めの値を示している(通常は17程度)。


ちなみに、ダウジング地震を予測できる説明原理はと問われたら、途方に暮れてしまう。
もちろん既存科学では説明不可だし、「超科学」的説明を試みてもラジオニクスみたいな怪しい話になってしまう。
やはりオカルト的能力ということになってしまうのだろうか。
何にしても、このような予測が可能ならば、多くの人々に試みてもらいたいものだ。


緊急!池上彰と考える巨大地震―その時命を守るために…

緊急!池上彰と考える巨大地震―その時命を守るために…

巨大地震はいつ来るのか (別冊宝島 2143)

巨大地震はいつ来るのか (別冊宝島 2143)

【災害対策】手動充電可能ラジオライトエマージェンシーライト【携帯充電】

【災害対策】手動充電可能ラジオライトエマージェンシーライト【携帯充電】


【愛弥美】おはよ。Ohayo.
http://instagram.com/p/tYrGI3o2ri/



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.