探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

3.11の前に宮城へ聖地巡礼の指示が出ていた?

スポンサード リンク

5/29の記事で、スズさんに会ったことを書いた。
今日のスズさんの「災害の夢ブログ」の記事では、私に会ったことが書かれている。


この中で、ちょっと記憶違いがあるようなので、訂正しておく。

以前にメールのやり取りの中で、「東日本大震災前に、夢を見た所に御祈りをしに行った、、。それは東北ばかりだった、、。こんなことならばもっと真剣に祈れば良かった、、」と、おっしゃっておりました、、。

(追記:その旨をスズさんに伝えたら、早々に訂正してもらった)


探求三昧を昔から読んでくださっている方々(なんているの?)ならばわかると思うが、夢で見たのではなく、私の聖地巡礼は常に「うしろの存在」から指示されるままに行くことになっている。
そう、マップダウジングで巡礼先を伺うのだ。


私は冗談で「プチシャーマン」と言っているが、以前に沖縄のカミンチュー(ユタ)さんから初対面でビックリした顔をして言われたのは、私にはかつて300年ほど前に諏訪大社の神官をされていた方が「守護神」としてついているのだという。
このことは半信半疑だったが、その後に、「白い袴を履いた姿が私に近付いて来るのを霊視(?)したことが何度かあるので、やはりそうなのだろうと思う。


その女性カミンチューさんがその後会うたびに、私の後ろを見て感嘆していたのを覚えている。
その上には、きっと諏訪大明神さまが控えていらっしゃるのだろう。


私は30歳の頃に、琉球シャーマニズムでいうところの「カミダーリィ」とまでは行かないが、「プチカミダーリィ」(笑)的な体験をした。
※神ダーリィ:琉球シャーマンが成巫の過程で必ずなるという一種の巫病。発狂したような状態になることもある。
ある深夜、ふと目を覚ますと、自分と天井の間の空間になにやら「存在」を感じた。
なぜかその時は、その2年ほど前に亡くなった父だと思ったのだ。
「いけない、このままだと憑依される!」と思った瞬間、「ドシーン」という強い衝撃と友 共に、「入られた」のだ。
その後ずっと、頭がおかしくなったのかと思うような色々な体験が続いた。


つまり、あの時に「守護神さまのご降臨」があったということなのか。
いつも「後ろの存在」とか、ぼかして書いているけれど、じつは一体化しているのかもしれない。
思えば、あの頃からチャクラ(マニプラとヴィシュダ)がアストラルの低い次元で動き始めたのだろう。
…と書いても、チャクラが目覚めたには程遠く、まあ大したことはない。
これ書き始めると超長くなるので、このへんでやめておく。

東日本大震災の前に聖地巡礼させられていた

2005/07/31から2006/04/08まで、千葉・茨城・福島の海沿いの神社仏閣を「聖地巡礼」して、地震津波の鎮静を祈ってきた。
その8ヶ月続いた巡礼が終わった4日後の4/12には、自宅で津波のヴィジョンを見た。
こちらの記事で書いている。
東日本沿岸の聖地巡礼と大震災


福島の時には、福一のすぐ近くの神社で地震沈静や原発事故が起きないようにと祈った。
その5年後に、巨大地震原発事故が本当に起きるとわかっていたら、もっと真剣に祈っただろうに!
3.11の後、しばらく落ち込みから立ち直れなかった。


だが、どうも「これだけ」ではなかったかもしれないのだ。


ダウジングで出た牡鹿半島

私は、聖地巡礼先をマップダウジングで伺っている時に、「海の中」とか、とんでもないところが出ることがある。
巡礼先ではなく、どうも直近で地震が起きるところを教えてくれているらしいのだ。
下記の2008年の記事などを見ると、6/2に、夏休みに聖地巡礼するところをダウジングで伺っているときに、宮城県牡鹿半島あたりが出た。
岩手県・宮城県などでM7.0の地震(岩手・宮城内陸地震)


その直後に牡鹿半島でM5くらいの地震があったので、「そういうことだったのか」と思った。
他にも、その前後に下記のようなところが出ていた。


こうして見ると、あれはじつは、3年後に東日本大震災が起きることを伝えようとしていたのか、または牡鹿半島や仙台などが危ないから聖地巡礼へ行けということだったのかもしれない。
力の強い出羽三山の神々にも祈れということ?


結局、2008年の夏休みには、長崎を聖地巡礼した。
判断は、あれでよかったのだろうか?
じつは、うちの母方のルーツは秋保温泉の近くにあるのだ。
「めぼしい聖地が何もない」と、自分勝手に判断して、疲れているからダウジングの精度が落ちているなどと考えて、採用しなかったのだ。


思うに、千葉・茨城・福島と次第に北上していって、そこで終わってしまうのは不自然だっただろう。
今さら悔やんでも、もう遅い。
そんなことがあって、いまだに後ろめたさがあるのだ。
もっとも、自分のような霊力の低い人間が一人で巡礼して祈ったって、どれほどの変化があるというのか。
それでも、まったく何もしないよりはマシということか。
自分の罪障消滅をやらされているのかもしれないが。


その後の聖地巡礼先は、なぜか東京以西へ変わっていった。
あれは、思うに、「次は南海トラフ地震だ」ということなのか。
東京、川崎、横浜、三島…。
そして伊勢神宮へも正月などに何度か行かされた。
伊勢では、祈っていて、人々が倒れるような大きな地震が襲うヴィジョンを見させられた。
あれも南海トラフ地震の光景なのか。


スズさんのような人に出逢えて嬉しいのは、自分と同じようなことをやっている人が他にもいるのだとわかったからだ。
自分は本来怠け者なので、スズさんや尼様から良い刺激を受けることが今の自分にとって大切だということかもしれない。


※この子たちの未来のためにも、守らなければならないことがある。
http://instagram.com/p/pGbniNo2rD/
【愛弥美】こんばんはー。Good evening kha.


南海トラフの巨大地震にどう備えるか

南海トラフの巨大地震にどう備えるか

巨大地震はいつ来るのか (別冊宝島 2143)

巨大地震はいつ来るのか (別冊宝島 2143)

窓に貼るだけで防犯、防災効果抜群!!『窓用心』

窓に貼るだけで防犯、防災効果抜群!!『窓用心』





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.