探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

深海ザメ「メガマウス」出現は大地震の前兆か?

スポンサード リンク

今朝TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
4/14に静岡沖で捕獲された珍しいサメ、メガマウス地震の前兆かどうかという内容だ。
2月に書いたカグラザメと地震の関係についての記事に続くものだ。


メガマウスとは、メガマウスシャークとも呼ばれるが、文字通り大きな口をもつ深海鮫だ。
深海といっても、せいぜい水深200mほどなのだが。


メガマウス地震の関係の情報は、当初Facebook地震前兆グループで情報を得たものだが、自分で独自に調査した結果として、メガマウス出現後に大きな地震が起きているケースを追加している。
まずは、TOCANAの記事を読んでみてください。


tocana.jp


TOCANA編集長から、この記事はとても評判が良かったと、お褒めの言葉をいただいた。
最近、私の地震ものの記事が掲載されると、Facebookで「いいね」がたくさんつくようだが、どこ経由なのかわからない。
現時点(22:00)で、350件ぐらい付いている。


Infosekニュース、BIGLOBEニュース、Exciteニュース、防災ニュースなどにも配信された。
「予言」とかを書いてしまうと、これだけ色んなところで載せてもらえないようだけど。


評判が良いとはいうものの、FacebookのTOCANAのアカウントでは、否定的なコメントもけっこう付いている。
メガマウスだけでなく、他の深海魚なども同様だが、地震との関連を確信しているわけではなく、記事の最後で書いているように、海水の低温化が影響している可能性も考えられる。
今後2ヶ月ぐらいに大きな地震があるかどうかだ。


今回は余裕がなかったが、今度は海外で大地震の前に出現例がないか調べてみたい。
たとえば、先程ちょっとググって見つけたのが、これ。

  • 2007/03/30、フィリピン、ドンソールDonsol→2007/04/02、ソロモン諸島M8.0

ただ、3千キロぐらい(?)と距離が離れすぎているので、違うかも。


このところ、いろんな不穏な前兆が多くて、「ほんまに今年はギリギリセーフなんかー?」と突っ込みたくなってくるが、さてどうなるか?


↓この池谷博士の2冊は私のバイブル。古書の在庫がなくなったらみんな後悔するかも。

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

追記(2014/05/06)

5月5日に発生した伊豆黄島近海M6.0の地震が、4/14のメガマウス出現に対応するものと考えられます。詳細は下記の記事を。


tankyu.hatenablog.com



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.