探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・防災ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】7/17カムチャツカ半島東方沖M6.2の地震~次は日本の太平洋プレート沿いか?

スポンサード リンク

今日7/17 11:08 UTCに、ロシア、カムチャツカ半島の東方沖でM6.2の地震が発生した。
これだけだとブログ記事で取り上げるような内容ではないだろうが、以下に書くように、太平洋プレート全体、あるいはリング・オブ・ファイア全体を概観すると、この地震が意味を持ってくることがわかるだろう。


下記のマップは、太平洋周辺で最近発生した地震震源マッピングしたもの。
規模はUSGS発表の値だ。


f:id:nmomose:20170717233232j:plain
 

太平洋プレート周辺の”傾向”

上記のマップを見て、だいたいの”傾向”は、見えてくるだろう。
たとえば太平洋プレートの東や南の境界付近でM6.xの地震が発生すれば、西や北の境界付近でも数日中に同じくらいの規模の地震が発生しやすい。


今回は、7/11にニュージーランド、7/13にパプアとM6クラスの地震が起きて、次あたりは日本かなと思っていた。
だが、実際は日本を飛び越えて、カムチャツカでM6.2の地震が起きた。


だからといって、これで1周したから終わりとなるとは限らない。
今度はカムチャツカの太平洋プレート境界沿いを南下してきて、東日本の太平洋沖あたりで揺れる可能性もあるだろう。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.