読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・地震予測等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【災害】空中に浮かぶビル~地震・津波・洪水などの災害を回避する壮大な構想

スポンサード リンク

CNNで、とんでもない報道を目にした。
空中に浮かぶビルというもの。


これは、地震津波・洪水などの災害を回避する目的もあるという。
「空中都市」というものはあったが、それはSFの世界での話だった。
それを現実化しようというのだから、大変な計画だ。


f:id:nmomose:20170406223354j:plain
 

SFの世界ではない

これは、ニューヨークの建築事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス(CAO)」が構想しているもの。
「アナレンマ・タワー」(Analemmaq Tower)という名称だ。


その空中ビルの実現方法がSFを超えたとんでもない発想なのだ。
なんと、大気圏外にある小惑星に無数のケーブルでビルを吊り下げるというもの。


f:id:nmomose:20170406224530j:plain


こんなこと、本当に実現できるのだろうか。

津波からの避難方法は?

もし実現できたとすれば、災害大国日本には嬉しい技術となるだろう。
では、もし津波が襲来したら、どうするか?


地上と空中ビルを連絡する無人機を運航させ、電磁式エレベーターも設置する。
これによって、多くの人々をアナレンマタワーへ移送することが可能となる。


問題は、たとえば南海トラフ巨大地震の被害想定では、津波の到達時間が数分というところも多い。
もう、地震が発生したら即座に避難を開始しなければ手遅れになるだろう。


将来的に、「地震予知」のテクノロジーが確立されれば話は別だが、現在の科学技術では、空中ビルへの移動時間の点で大きなネックになりそうだ。
やはり、もっと別の現実的な避難方法を探求した方が良いかもしれない。


浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ 推奨仕様

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ 推奨仕様

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)300シリーズ 推奨仕様

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)300シリーズ 推奨仕様


saruchan.hatenablog.com


https://www.instagram.com/p/BShQV4Qlk4P/
【愛弥美】来週から幼稚園うれしいな。Will start kindergarten next week.#幼稚園 #入園 #愛弥美



スポンサード リンク

千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.