読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】驚異の的中率、村井俊治氏の『MEGA地震予測』が指摘「2017年ここが危ない」

災害
スポンサード リンク

一昨日3月12日のMAG2NEWSの記事に目が止まった。
下記の記事だ。


www.mag2.com


東京大学名誉教授・村井俊治氏によるJESEA(地震科学探査機構)のメルマガ『週刊MEGA地震予測』の最新の地震予測を紹介したもの。
また、3/10掲載の『日刊SPA』でも、村井氏が取材されている。
ここで、村井氏が現時点で最も地震に警戒すべきエリアとしているところを見ていくことにする。


nikkan-spa.jp


f:id:nmomose:20170314225636j:plain
 


『日刊SPA』の最新号で取材された際の記事のタイトルが「いま日本中のどこで大きな地震・火山噴火が起きてもおかしくない状態」だ。
ここで、村井氏はこう語る。

いま日本中どこで大きな地震・火山噴火が起きてもおかしくない状態。最近では熊本で震度7を超える大きな地震(2016年4月14日・16日)が発生。それが波及したのか、鳥取でも地震(10月21日)がありました。
(日刊SPA、2017年3月10日)
nikkan-spa.jp


村井氏はまた、日本列島が全体的に南東へ動いているが、これは東日本大震災で動いたものが戻ろうとしたり、新たなひずみを生んでいるのだと語る。


以下に、特に警戒すべきエリアとされているところを挙げる。
※レベル5:震度5以上の地震の可能性が極めて高く緊急性がある。
 レベル4:震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い

◎第1候補、南関東(レベル5)

現在は静穏化の状態であり、「もうすぐ大きな地震が起きる可能性が高い」とのこと。
ここでは、小田原と三浦半島のプライベートに設置された電子観測点で異常が見られる。
伊豆諸島の三宅島・大島は隆起、新島・式根島は沈降で不安定な状態。
駿河湾沿いが沈降、三浦半島が他とは違い、南南西に異常変位しているとのこと。

◎第2候補、北海道(レベル4)

昨年12月に、隆起と沈降の高さに一斉に異常変動が見られる。
また、えりものプライベート電子観測点のデータに異常が見られ、大きく南西に変位しているとのこと。

◎第3候補、南海・東南海(レベル4)

四国で沈降していた足摺岬室戸岬徳島県が隆起傾向に変化。
高知県の西土佐、吉川、徳島県の那賀が異なる方向に変位しているという。

◎第3候補、北信越(レベル4)

こちらも、第3候補。
富山・石川・福井・岐阜県など、北信越も今年1月に多数点で異常変動が出ている。
隆起と沈降が不安定に出ているが、積雪による影響の可能性もあるという。


MAG2NEWSでも同様の最新予測が紹介されている。
各エリアの警告は、それぞれ3月~5月までというところが多い。
地震予測の詳細は、有料メルマガを購読することによって得られる。



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.