探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

11月のエクストリーム・スーパームーンで出産が急増していた~米オクラホマ州の病院で1ヶ月に349人が出産

スポンサード リンク

今日、興味深いニュースが目に入った。
「11月のスーパームーンで出産が急増していた!? 米オクラホマ州の病院で1ヶ月に349人の赤ちゃんが誕生」というもの。
11月のスーパームーンとは、11月14日のエクストリーム・スーパームーン(エクストラ・スーパームーン、ウルトラスーパームーン、スーパー・スーパームーン)などと呼ばれる日だった。


この1ヶ月間ほど、スーパームーン地震発生の関係について多くの記事を書いてきた。
これは趣旨が異なり、地震予知の話題から離れるが、非常に興味深い話題だ。


f:id:nmomose:20161214222208j:plain


病院はじまって以来の多さ

米国オクラホマ州オクラホマシティのメルシー病院では、2016年11月に349人もの赤ちゃんが産まれた。
病院創立以来、11月としては最多だという。


エクストリーム・スーパームーンの当日11月14日から17日の4日間に、60人の赤ちゃんが誕生した。
14日の夜だけだと、12人の赤ちゃんが産まれた。


メルシー病院(Mercy Hospital)のサイトによると、創立が1986年というから、ちょうど30年前だ。
それ以来、11月にしては初めての多さというから、尋常ではない。


11月14日にこの病院で出産したカイラ・メイズさんは、出産予定日より3週間も早く産気付き、病院に駆け込んだ。
出産が早まったのは、「きっとスーパームーンのせいよ、それ以外考えられない」という。


一昔前ならば「そんなの迷信だよ」で片付けられただろうが、今ではそうではない。
「満月には出産が多くなる」という命題は、いまや科学というまな板の上に乗っている。

スーパームーンの前後には更に増える?

新月・満月の前後に出産が増えるということは、すでによく知られていることだ。
だが、「スーパームーン」の時はどうだろうか。
オクラホマ病院だけでなく、通常の満月よりも増える傾向にあるのだろうか。


そんな統計はないだろうが、なんとか調べたいものだ。


病院スタッフのデュフレーヌさんは、「科学的に証明されているかどうか分かりませんが、私たちはみんな、スーパームーンが関係あると信じています」、「信じるしかありません。11月に今までで一番多くのお産があったのですから。当院にお産にやってくる妊婦が多かったのは確かです」と語る。

月の魔力

昔読んだ、アーノルド・リーバー著『月の魔力』という本を翻訳された数学者の藤原正彦氏(現・お茶の水女子大学名誉教授)が、巻末で日本の出産データを統計的に調査した結果を報告している。
それによると、出産のピークが新・満月の1日前と3日後にあるという。


この増加傾向が全くの偶然によって起こる確率は、2.6%という低い数字だ。
ということは、そのような「法則性」があるということが証明されたということだ。


出産と地震とは、同じ満月・新月の影響があるとはいっても、もちろんメカニズムはまったく異なる。
それでも、出産が増えるという「満月・新月の1日前と3日後」が、地震が起きるタイミングとも重なるのではないかと思えてくる。
地震の研究にも参考になることがあるだろう。


昨日の記事でも書いたが、今日はスーパームーンとはいっても、満月の日に地震が起きるとは限らない。
むしろ、数日後に起きることが多いように思う。
しばらくは注意することにしたい。


産婦人科がある医療施設に関わりがある方々、最近赤ちゃんの出産が増えているということがあれば、ぜひ教えてください。
秘密は厳守しますので。


【参考】
getnews.jp


月の魔力 普及版

月の魔力 普及版

  • 作者: アーノルドリーバー,Arnold L. Lieber,藤原美子
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2010/12/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


https://www.instagram.com/p/BN-SWQ_hKsg/
【龍矢】おはよ。Mornin'



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.