探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】福岡県西方沖でM4.2の地震~台風が迂回?今後の大地震は大丈夫か?

スポンサード リンク

今朝11/18 10:19分頃、福岡県北勢沖でM4.2の地震が発生した。

発生時刻 2016年11月18日 10時19分頃
震源地 福岡県北西沖
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 33.7度
経度 東経 130.2度
震源 マグニチュード M4.2
深さ 約10km


f:id:nmomose:20161119010005j:plain


2005年3月20日午前10時53分には、福岡県北西沖の玄界灘でM7.0の地震が起きた。
この時は、なんと北は茨城県まで揺れたというから、西日本全体が揺れたことになる。


11年前にM7.0の大地震が起きたところだから、それほどストレスが溜まっているとは思えないが、今月上旬の群発が気になるところだ。


上で「群発」と書いたのは、11月に入ってから、11/6~11/9に福岡県北九州で4回ほどM2~M3クラスの地震があったこと。
そして11/8に博多駅で道路の陥没があったので、「地震の前兆か?」と思った人が多いようだ。


もちろん、これは地下鉄延伸工事の影響があったとされていて、地震の前兆などではなかった。
だが、この地はもともと地盤の弱さがあったことも確かだ。
その点で、地震との接点が出てくる。

タモリ氏も地盤の弱さを指摘

昨年9月に放送されたNHKブラタモリ」でタモリ氏が故郷の博多を訪れた。
そして、ビル街のど真ん中にある遺跡の発掘現場を訪問したが、そこは今回の陥没と同じ市営地下鉄七隈線の工事中だった。
地質マニアでもあるタモリ氏が、その遺跡の地質を見て、「砂ですね」と言ったという。


東京・大阪・神戸・名古屋のような大都市は、かつては海だった土地や地盤が弱いところが多く、本当に大きな直下型地震が起きた時は大変だ。

大きな地震があまり起きていない

下記のGoogle Earthのマップで今朝の地震震源がオレンジ色の丸印で描かれている。


f:id:nmomose:20161119013202j:plain


2005年の福岡県西方沖地震震源を調べたところ、上記の地震とほぼ同じだったので、省略する。
同じところというのは、どうなんだろうな。
今頃に余震?

台風12号震源を迂回した?

上のマップを見て、ふと気がついた。
私の得意版だ。


9月に台風12号が南から北上してきて、熊本のあたりを迂回して進んでいったように見えるのだ。
そして、今朝の福岡県西方沖M4.2も迂回して行ったのだろうか?
2ヶ月半後の地震震源となった地点を、微妙に避けて通って行ったように思われる。


ちなみに、上記マップで日向灘あたりに黄色い丸印があるのは、過去115年間くらいに起きたM7.0以上の地震震源を示す。
これは米USGS発表のデータを使用しているが、2005年福岡県西方沖は気象庁発表のM7.0よりも規模が低くなっていたのだろう。


なんだか九州、熊本だけではなく不穏な部分が残る。
エクストリームスーパームーンの影響がまだ続く中で、九州周辺で大きな地震がなければ良いのだが。


※軟弱地盤の上にいくら耐震住宅を建てても無駄だから、その土地を放棄するか地盤改良するしかない。

怖いのは地震ではなく地盤である!

怖いのは地震ではなく地盤である!



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.