読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

母の子に対する”無償の愛”は人間も動物も変わらない~火事で燃え盛る家屋に5回も戻ったネコの感動的な話

霊性
スポンサード リンク

今夜はPCの前で寝落ちしてしまって、ブログはお休みしようと思ったけれど、これだけ紹介して終わることに。
Facebookで回ってきた、感動的な話です。


1996年3月、米国ニューヨーク市、ブルックリンでのこと。
路上に暮らす野良ネコのスカーレットは、廃墟のガレージの中で子猫を5匹生んだ。
スカーレットという名は後でつけられたもので、野良猫に名前はない。


f:id:nmomose:20160730025427j:plain


ある日、その廃墟が火事で焼けてしまった。
子猫たちはまだ歩くことができない。
このままでは死んでしまう。

火事場での子猫の救出

この野良猫は、自分がすべきことをわかっていた。
もちろん、それを行うと命の危険があることも。


スカーレットは、燃え盛る建物の中に入っていった。
そして、子猫たちを一匹ずつ口にくわえて、安全な場所へと連れ出した。


この無私の行為により、母親は全身に大火傷を負った。


1人の消防士がスカーレットと子猫たちを箱に入れ、獣医へ連れて行った。
スカーレットは、タダレた皮膚に目を塞がれ、目が見えず、瀕死の状態だった。


口元、鼻、足に酷い火傷を負い、耳は一部燃えてなくなっていた。
5匹の子猫の内1匹は、その後亡くなってしまった。


残りの4匹は奇跡的に小さな傷を負っているだけだった。
スカーレットと4匹の子猫たちは病院で1週間を過ごし、一命を取りとめた。


f:id:nmomose:20160730032833j:plain


この感動的な話がメディアで伝えられると、ネコたちを引き取りたいという人々が殺到した。
3か月後、スカーレットはカレン・ウェレンという女性に、子猫たちは2匹ずつ別々の家族に引き取られた。


www.imishin.jp

YouTube動画

この感動的な話を伝える動画がYouTubeで見られる。
英語なのと、音声が割れて聞き取りづらいが。



 

無償の愛

本来、「愛」というのは無償のものだ。
これに対して、「代償」を求める”愛”は、エゴによるもの。


母の子に対する愛は、「無償の愛」にもっとも近い。


真の「自己犠牲」ができるかどうか。
それは、人間が人間として完成の域に近づいているかどうかを判断できるもの。


代償を求めずに、人や世界のために何かができるか。
頭で考えても、実践に移すのは難しい。


「無償の愛と自己犠牲」ということについて、8年前の記事で書いています。


tankyu.hatenablog.com


地上の天使たち―本当にあった動物たちの無償の愛の物語

地上の天使たち―本当にあった動物たちの無償の愛の物語

フロム アマズ  ハートー聖なる母との対話

フロム アマズ ハートー聖なる母との対話

  • 作者: スワーミ・アムリタスワルーパーナンダ
  • 出版社/メーカー: 日本マーター・アムリターナンダマイー・センター
  • 発売日: 2006/05/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
あるヨギの自叙伝

あるヨギの自叙伝


https://www.instagram.com/p/BIa7qnzBOGv/
【愛弥美】おはよ。Mornin'



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.