探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【熊本地震】スザンヌの息子が予知して家族とも命が助かった話~阪神・淡路大震災でもあった赤ちゃんや幼児の予知能力の例

スポンサード リンク

今日は、タレントのスザンヌさんの息子が「地震予知」したという話題を。
スザンヌ(本名:山本紗衣)さんは、1986年10月28日生まれで現在29歳だ。


現在の熊本市で生まれたスザンヌさんは、4月の熊本地震の際に家族が熊本にいて、被災した。
母親はかつてモデルをしていた人で、熊本市中央区で「キャサリン's BAR」を営んでいる。
この店は、4月14日の前震が起きた時には営業中だったが、ビンが落ちて割れるくらいの被害で済んだ。
だが、16日の本震で倒壊してしまった。


スザンヌ SOUVENIR【image.tvデジタル写真集】


スザンヌさんには、元福岡ソフトバンクホークスの投手・斉藤和巳との間の息子がいる。
本名は非公開だが、「おーちゃん」の愛称で呼ばれている。
2014年1月6日、22時39分に生まれたというから、いま2歳4ヶ月で、うちの愛弥美より1ヶ月半ほど前に生まれている。


この2歳のおーちゃんが、この話の主役だ。
こちらのスザンヌさんのInstagramに、母子の写真がある。


f:id:nmomose:20160526230932j:plain
 

2歳の息子のおかげで家族が命拾いした

4月16日のM7.3の本震の際、おーちゃんは、お祖母ちゃんとお爺ちゃんと一緒に寝ていた。
スザンヌさんの母のキャサリンさんによると、「(寝る前に孫が)こっち安全じゃない。あっち安全」と、寝室以外の場所で寝ると言ってきかなかった。
そこで、別の部屋で寝たという。


そして、未明に本震が発生した。
3人が寝ていた部屋は大事がなく、助かった。
だが、本来3人が寝るところだった寝室は、本棚が倒れてベッドが潰されていたのだ。


下記の写真は、スザンヌさんがブログに掲載した寝室の状況だ。


f:id:nmomose:20160526221943j:plain


おーちゃんの希望を聞かずにこの部屋で寝ていたら、どうなっていただろうか。
打ちどころが悪ければ亡くなっていたかもしれない。
下記のブログ記事に、その他の写真もある。


blogs.yahoo.co.jp


ところで、この2歳の子が本当に「安全」などという難しい言葉を使ったのだろうか?
お祖母ちゃんだから、覚え違いかもしれない。

将来は予知能力少年か?

それにしても、これこそ幼児の予知能力だろう。
おーちゃんの生年月日を調べたところ、トロピカルでもサイドリアルでも、月が魚座にあるようだ。
ジョーティシュの月のナクシャトラでは、25番目のプールヴァ・バードラパダー。
なるほどと、一人で納得した。


月が魚座というのは、私と同じ。
ちなみに私はナクシャトラでは、彼の一つ前のシャタビシャジュになる。
おーちゃんと同じ生まれの人は、イマニュエル・カント、今上天皇陛下がいる。
私の周囲の人を見ても、この生まれは霊感があったりする。


スザンヌさんのInstagramはこちら。
www.instagram.com


【参考】
cadot.jp
 

赤ちゃんや幼児の予知能力

このような不思議な出来事は、阪神・淡路大震災の時にもあったようだ。
私の「バイブル」の一つである『前兆証言1519!』(弘原海清・編、東京出版)では、マスコミを通じて神戸地震の前兆かもしれない現象を募り、1200件ほどの報告が集まった。


それらをまとめたこの本では、「人間」と題した章がある。
この章では、地震の夢を見たとか、「体感」などの報告がある。


その中には、赤ちゃんや幼児の不思議な能力(?)を報告したものもある。
41番は、1995年1月17日の大地震当日0時半頃に、2歳の幼児が突然に「エライコッチャ」と寝言を言ったというもの。
本当に地震に関係あるのかという疑問が残るが、もしそうだとしたら、「向こうの世界」の何者か、親戚か赤ちゃんを守る役割がある存在によるものか?


49番は、1週間前から生後8ヶ月の赤ちゃんの夜泣きがひどくなったという。
地震の後は、夜泣きはしなくなった。


50番は、もっとも印象に残るものだ。
当日未明4時頃、生後9ヶ月の赤ちゃんが火がついたように泣き出し、父親があやしていたところに地震が襲った。
すると、今まで赤ちゃんが寝ていたところにタンスが落ちてきた。
そして赤ちゃんは間一髪で命が助かった。


なんというかな…。
赤ちゃんや幼児は、まだ「向こうの世界」とこちらの世界で同時に生きているような部分が残っている。
これだけでは、わかってもらえないかな…。^^;


この世とか、あの世とか、神々の世界とか、いろいろあるけれど、それは「次元の違い」であり、異なる次元で同時に存在することも、場合によってはできるようなのです。
大人だって、たとえば睡眠中に夢の中で、実は「アストラルトリップ」をしているかもしれない。


この助かった赤ちゃんの場合…何なんでしょうね…
守護する存在か誰かが、怖い夢とか映像を見させて、わざと泣かせたとか?
いくつか考えられる可能性はあって、これだとは断言できない。


いずれにしても、守ってくれる存在がいるということでしょうね。
赤ちゃんを育てたことのある人ならばわかるでしょうけれど、子育てはヒヤヒヤの連続なんですね。
それでもなんとか、危ない橋を渡っても無事に成長してくれる。


そこには、「偶然」を超えた世界での「必然」があると思うんですね。


守ってくれると何度も書いているけれど、実際は魂に大人も赤ちゃんもないのです。
なので、もしかしたら自分を自分で守っているのかもしれない。


おーちゃんの話に戻ると、やっぱりこの子は持っているんでしょうね。
魚座はやっぱり多いですよ。
そういえば、うちの龍矢と愛弥美も太陽が魚座です。


とくに愛弥美は、何か持っていそうですよ。
カンが強いところがあって。
勘じゃないですよ。漢字を忘れてしまった。^^;


でも、あんまりそういう道を歩ませたくないですね。
二人とも、放っておいても確固たる人生の目的があって、そこを歩んでいくような気がします。
親は、ただそれをサポートしてあげるだけ。


多くの人たちが勘違いしているけれど、子供は親の所有物ではないし。
たまさか今生で親子として生まれたにすぎない。


みなさんのお子さんや周囲の子供で、そういう不思議な体験をした人がいたら、教えてください。
ネットで探しても、なかなか探すのが難しいんですね。


※あ、今ならまだ、ちょっとがんばれば買える値段の古書が何冊かある。
【5/27 8:39追記】みなさん素早いですね。数千円の古書が数冊あったのに、もう1万以上のしか残ってない。^^;
【5/27 12:15追記】あれ?今朝は見間違えたかな?大型本の方に、まだ数千円のがありました。

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

スザンヌの花嫁料理修業 (saita mook)

スザンヌの花嫁料理修業 (saita mook)

「不思議な世界の方々」から教わった予知能力を高める法

「不思議な世界の方々」から教わった予知能力を高める法

寝室には倒れてくるような高い家具を置かないのがいちばんですね。
うちでは徹底しています。
安心防災ベッド枠A

安心防災ベッド枠A

安心防災ベッド枠B

安心防災ベッド枠B


https://www.instagram.com/p/BF3o2seo2kg/
【今日の食卓】昨日に続いてサクー(タピオカパールのココナッツミルク)。サルちゃんはココナッツミルクを煮たデザートを作る時は大体暖かいけれど、今日は冷えている。どちらも美味しい。Sa-koo with bai-teoy. Sari made it cool. #タイ料理 #ThaiFood


https://www.instagram.com/p/BF2I8oEo2kH/
【愛弥美】おはよ。元気に遊ぶのは子供のお仕事。(^-^)Mornin'



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.