探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

乳牛の乳の出で地震予知?~大真面目な科学的研究です

スポンサード リンク

今日は月曜から遅くまで残業して23時に帰宅して、夕食とデザートを食べたらもう0時前。
ほんの少しだけ紹介して終わることに。


今日ZAKZAKで、面白い記事が掲載された。
乳牛を使った地震予知の話だ。
地震の前兆として、乳牛の搾取量が減少するというのだ。


f:id:nmomose:20160301001135j:plain


私は動物の前兆現象には以前から特に力を入れていて、それだけを集めたKindle本も書いている。


大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》


地震の前の牛の異常行動の例は、海外でいくつか事例がある。
たとえば、1976年5月6日のイタリア北東部のフリウリ地震(M6.5)では、揺れの1時間前頃からウシが鳴きわめいて綱を引きちぎらんばかりに暴れた。
1975年2月5日の中国遼寧省の海城地震(M7.2)では、地震の数日前にウシが帆綱を引きちぎって家畜舎から逃げた。
別の場所では、ケンカを始めた牛もいる。


乳牛の乳の出と地震の発生との相関関係を研究しているのは、麻布大学獣医学研究科の山内寛之研究員。
乳牛の乳量を計測することによって、地震の前に何らかの変化が見られるのではないかという仮説のもとで研究を始めた。
2014年の4月中旬には、平均乳量が下がる日が2日間続いたが、その後の5月5日に伊豆大島近海でM6.0の地震が起きた。


面白い着想だと思う。
乳牛の観察によって地震予知というのはあまり現実的ではない面もあるだろうが、そういうことを研究することは無駄ではないだろう。


時間がないので、また後日話題にすることにしたい。
こちらのZAKZAKの記事を読んでみてください。


www.zakzak.co.jp


地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

この本すごい情報量。
「地震予測ハンドブック」 (計測機器を使わない)

「地震予測ハンドブック」 (計測機器を使わない)


https://www.instagram.com/p/BCVRIEFo2rY/
龍矢と愛弥美の誕生日の間の昨日、田無のスタジオマリオで家族写真を撮った。四切からキャビネまで3枚で、フレームやカレンダーのサービスあって総額1万5千円位は他社と比べて安いかも。出来上がる2週間後が待ち遠しい。#写真館 #家族写真


https://www.instagram.com/p/BCX7qUdo2sX/
【今日の食卓】夕食後のデザートにパンケーキ。バナナとタイのマンゴー缶詰を使用。ナムドクマイ種かな。熟れていて美味しい。Pan cake with Thai Mango. Aroi.#タイ料理 #ThaiFood #スイーツ #Sweets #フルーツ


https://www.instagram.com/p/BCU9M5Co2iU/
昨日の愛弥美の誕生日は楽しかったな。横浜アンパンマンこどもミュージアムへ行って、夜はフルーツたっぷりのママの自作ケーキでお祝いした。22日の探求三昧ブログで書いたけれど、どんなに貧しくても家庭の調和があれば幸せだと言えるし、そこにスピリチュアルな生活の基本がある。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.