探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

冷蔵庫のドアロック

スポンサード リンク

このブログは「何でも探求するブログ」としているように、地震のことだけを扱うわけではないので、そういう分野だけの情報を目的としている通って来られる方々には、こういう記事はがっかりさせられてしまうかもしれない。
単にスルーしてくださいと言うしかない。
自分の経験によって、特定の情報を求めている人々の役に立てるかもしれない情報は、このような生活臭が強い記事も書くことにしている。
3月25日と27日の地震説で、このブログはかなり尋常ではないアクセス数の日々が続いたが、そろそろ落ち着いてくるだろう。


先日、サルちゃんのタイ友がご主人の仕事の関係で海外へ引っ越したため、冷蔵庫をタダでもらった。
日本人男性と結婚したタイ友たちが結構いて、だいたいが多摩地区の近いところに住んでいるが、横のつながりが密で、いろんなことで助けあっている。
ベビー用品とか、友達に売ったりすることは少なく、タダであげたりしているようだ。
たとえば、この前もらった赤ちゃん用の抱っこ紐は、持ち主が3代目だ。
首が座っていない新生児にも使えることがわかって、これから使おうと思っている。


じつは今、サルちゃんがいちばん欲しいのは、乳幼児を二人乗せられるダブルのベビーカーだという。
双子用のように、横に並べるタイプではなく、前後に二人乗せるものか、または2階建て式のものだ。
でも最近ベビーカーは、ただでさえヒンシュクを買うことが多いのに、ダブルなんて言ったら、電車やバスに乗るだけで白い目で見られるのではないか。
新品はけっこう高くついてしまうので、いまのうちの経済状態で中古でも買えるかどうかわからないが。


今回はベビーカーの話ではなく、乳幼児や認知症のお年寄りが冷蔵庫のドアを開かないようにロックするものだ。
Amazonで色んな方式のものが売られていて、「冷蔵庫 ロック」などで検索すると、色々出てくる。

はがせる冷蔵庫ドアストッパー(ニトムズ)

私が先日買ったのは、ニトムズの「はがせる冷蔵庫ドアストッパー」(630円、送料無料)というもの。
これが酷い商品で、説明書が難解で、それでも指示通りに、裏のテープを貼り付けたあとで、不要部分を引き抜いたら、粘着面も一緒に外れてしまい、使い物にならなくなった。
とんでもないものを買ってしまった。

はがせる冷蔵庫ドアストッパー

はがせる冷蔵庫ドアストッパー

はがせる冷蔵庫引き出しロック(リッチェル)

これはAmazonではなく、近所の西友で見つけて買ったもの。
「はがせる冷蔵庫引き出しロック」(リッチェル)で、値段は600円前後だったと思う。
Amazonでは送料無料で551円で売られている。

リッチェル ベビーガード はがせる冷蔵庫引き出しロック

リッチェル ベビーガード はがせる冷蔵庫引き出しロック


2ドア式冷蔵庫のことを考えて、同じものが2セット入っている。
冷蔵庫本体とドア部を側面から見て、段差が2mm以上あると使用できないなどの条件があるので、事前に確認した方が良い。


設置方法は、これ以上にないというほど簡単で、裏面についている粘着部分のシールを剥がして、冷蔵庫に貼るだけ。


冷蔵庫の扉を開けるには、ドア側の上下についている突起部分を同時に本体側へ押しながらドアを開く。
片方だけ押しても開かず、うちの龍矢のように2歳児では開くことはできないだろう。
というか、大人でも、その方法を読まないと開けられないだろう。


不要になって剥がす時は、ドライヤーで暖めながら剥がすとある。
当面はこれで事足りるだろう。
しいて難点を言えば、ドアを開いた状態で突起部を無理に引っ張ったりすると簡単に壊れそうだということ。
閉まっている状態では、けっこう頑丈のようだが。

追記(2014/08/30)

上で書いた懸念事項がまさにその通りになって、一つが壊れてしまった。
爪の部分が柔にできていて、壊れたため、半年ほどでロックが機能しなくなった。
それで、同じものを新たに購入した。
購入したら、パッケージはずっと保管しておいた方が良い。
というのも、壊れたものを取り除くためには、そこに書かれた手順通りに行う必要があるからだ。
ドライヤーで温めて、注意深くはずす。
だが、剥がした後で、冷蔵庫本体の塗装が若干剥がれてしまった。
3分間温めると書かれていたが、早急に剥がしすぎたためか。


メーカーの方、この記事を読まれていたら、ちゃちな爪の部分はもうちょっと壊れにくくしてもらえるとありがたいです。




スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.