探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・防災ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

サルちゃんたちは無事に帰省

スポンサード リンク

こういう私的なゆるい記事を書くのは少々気が引けるので、1日で別の記事を書いたあとでオマケ的に書くことに。
Instagram写真をたくさん貼り付けます。
サルちゃんたちは、18日0時発のJALで羽田を発ち、翌朝5時に定刻通りにスワンナプーム国際空港に到着した。
この空港は、サルちゃんの実家があるサムットプラカーン県にある。
首都バンコクの隣の海沿いの県で、日本でいうと千葉県のような感じかな。


【愛弥美】今朝5時に無事スワンナプーム空港に到着したそうです。They arrived at Suvarnabhumi Airport safely.
http://instagram.com/p/vhYDPsI2qy/


機内ではさぞかし大変だっただろうが、二人とも遅くまで起きていたせいで、機内ではずっと寝ていたようだ。
愛弥美はちょっと泣いたそうだが、気圧変化で耳が痛くなったらオッパイを飲ませるなど、龍矢の時の経験が役に立った。


空港では、お姉さん二人と妹一人が出迎えてくれた。
実家に着いても、龍矢は初めてでないのですぐに順応したが、愛弥美はずっと泣いていたそうだ。


やっぱり女の子だと小心というか、環境の変化などにすぐに順応するのに時間がかかるのだろうか。
今日のサルちゃんの話だと、だいぶ慣れてきたそうだ。
優しいお婆ちゃんと叔母さんたちだから、きっとすぐに慣れるだろう。


以降は、Instagram写真にコメントをつける形で。


羽田空港国際線ターミナルは、ライトアップされていて綺麗だった。
先日買ったセルカ棒を持っていくのを忘れた。
こういう時のために買ったのに、肝心な時に…。
でもJALのチェックインカウンターの前で写真を撮ろうとしていたら、JAL職員の女性が撮りましょうかと近づいてきてくれた。
【龍矢】【愛弥美】ばいばい日本。Bye bye Japan.
http://instagram.com/p/vft7kZI2sW/


【愛弥美】羽田空港国際線ターミナルのベビールームにて、タラのドリアの夕食。ママが作った料理しか食べないけれど珍しく。将来はママ同様グルメ?Ayami having dinner at Haneda Airport.
http://instagram.com/p/vf2XRko2mN/


羽田に来た時には、ここが定番。
安くて天ぷらがサクサク。
【愛弥美】最後の晩餐。11/17夜、羽田空港の百膳にて。At Hyakuzen Japanese restaurant in Haneda Airport.
http://instagram.com/p/vkUFNPo2t5/


【龍矢】【愛弥美】3人は出国エリアへ入り、2ヶ月のお別れ。They entered the departure area at Haneda Airport.
http://instagram.com/p/vgKDOHo2p8/


サルちゃんのお姉さんのInstagramより。スワンナプーム空港にて。
お姉さん、まだ未婚の独身です。
愛弥美は眠かったのか、知らない人たちに囲まれたせいか、この日はずっと泣いていた。
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xaf1/v/t1.0-9/1781988_4853028660538_1284398632681763924_n.jpg?oh=7c1cbe3e1509eeb836f3076dc7c0d658&oe=54D3B16E



実家で。あやちゃん、少し慣れてきたかな。
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/p526x296/10734051_4852396324730_4037890339618329551_n.jpg?oh=17771053421a8fc850047e0e5e00c81d&oe=54DFA6FF


笑いを誘うお揃い。
いちばん下の妹の息子アトムと一緒に。
【龍矢】【愛弥美】ちびっこギャングたちが、お揃いのミキハウスのTシャツを着せられて。従兄弟の純タイ人はやっぱり一番濃い顔してる。Baby gangsters wearing Miki House T shirts.
http://instagram.com/p/vk_h4pI2r-/


オマケ:少し前に撮った、動く愛弥美。

生後8ヶ月にの娘がハイハイの練習 - 8 months old daughter learning ...


「温かい家庭」とか、文字で書かなくてもわかると思います。(^o^)
でも幸せはいつまでも続いてほしいと思うと、それが「毒」になることも。
人生は難しいね。
学びのための学校だからね。


3人は来年1月20日に帰ってきます。
こっちは寂しい正月になりそう。
「奥さんを二ヶ月も帰省させて、よく許しましたね」とか言われるけれど、「は~っ?」
意味分かんない。何か悪いことあるのって。
どんなに長く離れていても、夫婦の絆は変わらないし。
サルちゃんは日本では二人の育児と家事で超大変だけど、向こうで良い休暇になるでしょう。


タイでの写真がたまったら、そのうちまた記事を書きます。
こう寒いと、自分も行きたくなってくるなー。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.