探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

クローズドブログとTwitter

スポンサード リンク

今日は、ブログとTwitterのことについて書く。
それから、下記の記事で書いた、クローズドブログについても現在の計画を紹介する。


私のブログ記事を毎日のように読まれているとわかるだろうが、一つの記事がやたらに長い。
この長さは、自分なりの読者に対する誠実さの結果なのだ。
いったん公開したあとで、あれが足りない、ここも説明不足だと、どんどん書き足していくことも少なくない。
ただの「日記」で終わらないように、有益な情報を提供しようと心がけている。


こういう人間がツイッターでツイートしていると、どうしても文字数制限が疎ましくなってくる。
だから、やりにくい点はある。
ただ、Twitterはそれなりの利点がいろいろある。
なので、これからはツイッターも復活してやっていくことだろう。
一時期、ツイッターを始めたばかりの頃には、数ヶ月間ハマって、ブログの更新がおそろかになったりもした。
だが、自分がいちばん力を発揮できる本貫は、やはりブログなのだと感じている。
ここが終の棲家なのだと。

Twitterの良いところ

聖地巡礼の最中に歩きながらBlackberryから呟いたりするのも、面白い。
読んでいる人から励ましの声がかかったりして、本当に励まされる。
一人じゃないんだと。


また、御柱祭の最中にツイートで情報交換したりとか、ああいうのも楽しかった。
ああいうのは、ブログではなかなかやりにくいことだ。


私は老いぼれても一生探求を続けていくだろう。
探求のない人生なんて考えられない。
ほんとに探求三昧な人生だ。

探求〜サマーディ

6年ほど前に初めてブログを立ち上げるときに、タイトルをどうしようかと色々考えた。
とにかく人と同じことをやるのが大嫌いな人間なので、ありふれた名前は絶対に避けたかった。
そして決めたのが、「探求三昧(たんきゅうざんまい)」というタイトル。
もちろん、こういう熟語もなければ一般的に使わている言葉でもない。
私が無理やり作り出した造語といえるものだから。


ためしに、Googleで「"探求三昧"」と、ダブルクォーテーションで括って検索してみる。
これは、類似した単語を許容しない検索方法だ。
すると、12,500件ほど検索されるが、すべては私のブログのページか、またはそれを参照しているページだ。
非常に気持ち良い。^^


考えてみると、「三昧」とはもともと、「Samadhi(サマーディ)」の音写なのだ。
音写というのは、 ある言語の音声を別の言語の文字体系で書き写すこと。
Samadhiの場合は梵語サンスクリット語)だから、梵語から漢字に音写されたものが三昧だ。
サマーディとは、仏教の禅や、ヒンドゥー教の瞑想などで、精神集中が深まった状態のことを言う。


なので、「探求三昧」とは、非常にスピリチュアルな意味を含む言葉だったのだ。
このタイトルにして良かった。

クローズドブログの計画

続いて、クローズドブログの話。
「クローズドブログ」でググってみると40000件ほど見つかるので、一般的に使われている言葉のようだ。
表ブログに対して、「裏ブログ」と呼んでも良いかもしれない。


すでに今日、タイトルを考えついた。
『夢求三昧(むきゅうざんまい)』というもの。
もちろん事前にググってみて、世の中でまったく使われていない言葉であることを確認済みだ。
たとえば私の百瀬直也という名前にしてもそうだが、ユニークな名前だと、ググるとそれだけが見つかる。
もともとはてなダイアリーは昔から一目置かれた存在で、検索で上位に出てくることが多い。
そういう意味でも、非常に居心地がいいブログではある。


この新しい裏ブログだが、表ブログと同様に、はてなダイアリーのサービスを使う。
どうやってユーザーを限定するかについても、今日考えてみた。
そして、はてなダイアリーの「なぞなぞ認証」という機能を使うことにした。
なぞなぞに答えられた人だけが、ブログを読める。
答えはいくら考えてもわからないもので、承認した人にだけ私から答えを教える。


承認の方法は、次の情報をメールで送ってくれた人に対して、承認を検討する。

  • お名前(本名またはハンドルネーム)
  • メールアドレス(受信できるものならば何でも)
  • 「探求三昧」ブログや百瀬の活動への思いを自由に書く

…と、これだけです。
承認するかどうかは、こちらで独断的に決めさせていただきます。
あくまでも計画段階で、変更があるかもしれませんが、一応現在考えているのは以上の形です。

今後のこと

表ブログ以上に、スピリチュアル関連の話題が中心になるだろう。
このブログで書きづらいことというのは、そういう分野が多いと思われるので。
私は今後の人生でも、名前が広く知れ渡るようにはならないだろう。
ごく一部の人にでも、有益な情報を展開していければ良いと思っている。


もともと私は、人知れずに聖地巡礼をしたり、陰の活動が多い。
今生ではそういう活動が中心になるだろうと思っている。
神に捧げた人生なので、自分の行く先は全託している。
そうして得たものの中で、少しでも分かち合えるものがあれば良いと思っている。
…という変な人間の書くブログですが、もし良かったら読んでみてください。



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.