探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

ヘミシンクCD『Eternity Within』

スポンサード リンク

最近、ある過去生のことがご縁になって知り合った、mixiのマイミクさんがいる。
そのMさんという女性から、CDを送っていただいた。
今日はそれを紹介したい。


ヘミシンク(Hemi Sync)というのをご存知ですか?
体外離脱で有名な、米国のロバート・モンロー氏が開発した技術だ。
特定の音の周波数を組み合わせることにより、人の意識状態のコントロールを可能にする音響技術」とある。


ロバート・モンロー(Robert Monroe)氏は、1995年に亡くなられた米国の超心理学者だった。
モンロー研究所の創設者であり、変性意識状態(体外離脱体験)の研究者として広く知られていた。

ヘミシンクとは

ヘミシンクでは、左右耳から波長がわずかに異なる音を聞くことによって、右脳と左脳の脳波が同調する。
このCDを聴きながら瞑想を行うと、脳波が同調して変性意識状態に誘うという。
この原理はバイノーラルビートという、うなりの音響技術に基づいている。


今回いただいたCDは、『Eternity Within』(FranK Danna)というもの。
[asin:B002LUU3WC:detail]


Frank Dannaという人が、ロバート・モンロー氏の著作3部作の1冊「究極の旅」での体験にインスパイアされて作曲したもの。
ハイアーセルフとのコンタクト用とある。
このCDは、必ずステレオ・ヘッドフォンで聴くことを奨励している。
外界の音をシャットアウトすることが大切なのだろう。

聴いてみた

さきほど、『Eternity Within』を聴いてみた。
ヘッドフォンを付けて、椅子に座って聴いてみる。
非常に心地良く、とても深くリラックスできる音楽だ。
眠くなってきて、知らない内に座ったまま寝てしまった。
寝てしまっては効果がないのだろうが。


音楽を聴いて、これほど短時間で寝入ってしまうというのは珍しい。
副交感神経が緊張しやすいタイプで、普段もなかなか寝付けないのだ。
また、眠りが浅く、いったん寝ても2時間おきとかで、すぐに目が覚めてしまう。
頻繁に不眠になるが、こんど眠れない時に、寝床で聴いてみることにしたい。


最後の方は目が覚めて聴いていたけれど、終わった後、なんともいえない爽快感があった。
体全体が非常にリラックスしているのがわかる。


ヘミシンクの音楽を聴いたのは、これが初めてではないかもしれない。
異なる周波数云々というのが、どういう効果があるのか、繰り返し聴いてみることにしたい。
また、これを聴きながら瞑想をして、どういう効果があるのかとか。


YouTubeで、この『Eternity Within』のさわりを聴くことができる。
聴くときは、できるだけPCにヘッドフォンを付けて聴いてください。
◎Hemi Sync Eternity Within


また、こちらの映像では、日本人がヘミシンクの解説をされている。
◎α波を超えるθ波を活用できるHemi-sync とは一体?


ヘミシンクの入門書も出ている。
ヘミシンク入門―未知領域への扉を開く夢の技術 (驚異のヘミシンク実践シリーズ)

ヘミシンク入門―未知領域への扉を開く夢の技術 (驚異のヘミシンク実践シリーズ)

ヘミシンク入門―未知領域への扉を開く夢の技術 (驚異のヘミシンク実践シリーズ)



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.