探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

Livedoorブックスに注目

スポンサード リンク

Livedoorというのはエロで儲けているイメージがあって、企業体質も好きになれないが、ブックスのサイトにはちょっと興味をもった。
その理由は、さっき初めて知ったのだが、新刊とリサイクル書籍を同時に購入できて、しかも1,500円以上で送料無料になること!


Amazonでは、以前からユーズドストアをやっていて、新刊書を買うつもりでアクセスすると、それよりも安い価格のユーズドブックを注文できるという仕組みになっている。
だが、ユーズド書籍のネックは、複数の本を同時に注文しても売主がそれぞれ違うから、1冊1冊に送料(定額340円)を払わなければならないこと。
この送料は、そのまま売主に渡される。
Amazonユーズドストアで1円の売値がついている本があるが、この送料をもらってより安い手段で送って少しでも利益を得ようという魂胆なのだと推測する。


この送料がネックになっているから、Amazonで古書を買うときには、その送料を上乗せした額でなおかつ新刊書を買うよりも得かどうかを考えなければならない。
新刊書でも送料がかかるではないかと思う人もいるかもしれないが、常に1,500円以上を一度に買って、送料無料にするのが常識だろう。


その点、Livedoorブックスは、古書だけ買っても1500円以上注文すれば送料無料になるというのがなんといっても魅力だろう。
これはAmazonがどんなにがんばっても真似できない手段だろう。
Livedoorがなぜそれを可能にできたのかというと、古書を自社で買い取って売っているからだ。
本を売りたい人は、Livedoorに送って査定してもらい、査定額によって売る売らないを決める。
このときに10冊以上同時に送るとLivedoorが送料を負担してくれる。
査定額が不満で本を返してほしい場合は、送料を自己負担しなければならない。
この辺が商売がうまいと思うところは、査定額が不満でも、「返送料を自己負担するくらいならば売ってしまえ」とみんな思うだろうという魂胆が働いているのではないか。


Livedoorは、どんなにがんばってもAmazonには勝てないだろうが、たまたま買いたい本がリサイクルであった場合には、利用しても良いと思わせるシステムだろう。
もっとも、このシステムでは古書の扱い数量はAmazonほど伸びないだろう。
Amazonの場合は、多くの古書店業者が参入しているが、そういう業者たちがLivedoorに本を売ることは考えられないからだ。
いろいろ書いたが、バカにならない書籍代を少しでも浮かすためにも、Livedoorブックスでリサイクル書籍がある場合は利用したいものだ。

百瀬直也の本『ヴィア・ドロローサ〜イエスが歩いた悲しみの道』です。

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第1巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第1巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第2巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第2巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第3巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第3巻>



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.