探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

うちの(もう一柱の)守護神さま

スポンサード リンク

沖縄に住むある人からメールで「うちの守護神?」ということで、巨大なヤモリの写真を送ってくれた。
沖縄ではヤモリは神さまだが、たとえばバリ島でもチチャッ(ヤモリ)はサラスワティー女神の遣いとされている神聖な存在だ。
対抗するわけではないが、うちの「守護神も」ということで、去年出現したヤモリの写真を紹介します。

いくら「東京の田舎」といったって、いみじくも東京都ですよ。そこにヤモリが出てくるなんて…。家でヤモリを見たなんて、生まれて初めてでした。
ちょうどゆうちゃんが生まれるのが遅れていて、どうもヒヌカンのお怒りを買っているということで、頻繁にヤモリが台所に現れていた頃だった。ちょうど台所のヒヌカンを祀っている窓の外側に現れたもので、たしかにヒヌカンの遣いに間違いないだろう。
あるカミンチューによると、この頃「百瀬さんのうちの台所で、龍が3匹暴れている」ということで、神の遣いが現れるときは、必ずしも良いこととは限らないという例だろう。

この頃、大蛇が家のなかを這いまわっている夢を見て、あるカミンチューに聞いたところ、それはヒヌカンの遣いであって、すごく良い夢だと言われた。自分の経験からいっても、ヒヌカンや龍神の遣いというのはだいたい爬虫類とかヤモリのたぐいで、つまりヒヌカンと龍神というのは密接なつながりがあるようだ。
前述のカミンチュいわく、蛇というのは願い事などをヒヌカンへ伝えてくれる役割をもっているそうだ。更にヒヌカンというのは、他の神々へ願い事を「お通し」してくれる存在だとされている。

オマケとして、うちの台所のヒヌカンのウコール(香炉)の写真も載せておきます。去年、カミンチュを呼んでヒヌカンを建てた日に写したもので、あまりにも線香が勢いよく燃えたので、榊が一部変色してしまっています。カミンチュいわく「ヒヌカンが喜んでいる」とのことでした。

※「カミンチュ」とか「ヒヌカン」とか、はてなのキーワードに登録されている単語については、いちいち注釈をつけませんので、意味がわからない単語で点線のアンダーラインがついたものは、その単語部分をクリックしてみてください。
あと、はてな市民の人がいたら、なるべくこういうキーワードに投票してくださいね。いまのところ「ユタ」なんて形勢不利で、消されてしまう恐れがある(?)ので。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.