探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

IEの脆弱性とOpera

スポンサード リンク

ネットでニュースを見ていたら、またIEInternet Explorer)に脆弱性が見つかり、セキュリティーパッチが提供されるという。マイクロソフト社のソフトの脆弱性にはうんざりするが、パッチを当てないわけにはいかない。もっともWebブラウザーOperaを使っているので、そんなに急いで当てる必要はないのだが。
Operaは、ためしにちょっと使ってみようとインストールしてみたら、使いやすいのでもう手放せなくなってしまった。有料版ではなく、広告が入る無料版だ。
Operaのどこがいいかというと、タブでウィンドウを即座に切り替えられるということもあるが、なんといっても、マウスの1クリックでいろんなウィンドウの操作ができるという点だ。Operaでは「マウスゼスチャー」とか呼んでいる機能だ。たとえばマウスの左ボタンを押しながら右ボタンを押すと、ひとつ前の画面へ戻る。ボタンが逆になると、先のページへ進む。まだ進んだことがないページをOperaが「推測」して進むことができる場合もある。
右ボタンを押しながらマウスを上から下へドラッグすると、新しいウィンドウが作られる。同じくL字型にドラッグすると、いま表示されているウィンドウを閉じる、etc。これの便利さを覚えたら、もう病みつきになる。しかも、ものすごく軽快に動作する。ページ切り替えは、IEに比べると、ほとんど瞬時だ。

スキンを変えたりして、ブラウザの見栄えを変えることもできるし、ユーザーモードというのにすると、細かくスタイルを変えてWeb制作者の意図したところとまったく異なる外観にページを変えてしまうことも可能だ。
また、ズーム機能もOperaが優れた点だろう。無能なWebデザイナーたち(つまりほとんど)が作ったサイトでは、固定したサイズの文字を使ってユーザーがサイズ変更できないようになっているが、Operaではページ全体をズームアップ(20%〜1000%)できるので、お年よりなどが、文字が小さくて読めないということがなくなる。

フルスクリーン表示なんていうのも、いとも簡単にできる。どうやってスクロールするのかと思ったら、マウスのスクロールホィールでできた。Macintoshではどうするのかと、ためしにマウスをドラッグしてみたら、これでも上下スクロールができた。こういう風に、IEとかネスケにない機能が豊富にあることもOperaの魅力だ。

IEよりも動作が軽いというのも良いところだ。セキュリティー対策もしっかりしている。IEほどの高機能はないが、普段はそのことで困ることはあまりない。強いていえば、オンラインバンキングサイトでの振込みなどはIEしか対応していないようで、そのときはブラウザを切り替える必要がある。

オペラに広告が入るといっても、最新ヴァージョン(7.53)では文字だけの細長い広告になったので、うるさくない。それでもイヤな人は、5000円ほど(ダウンロード版の場合)で広告が入らない製品版を買うこともできる。

IEに比べるとまだまだシェアが低いブラウザだが、そのうちOperaに固執するマニアたちが「オペラー」と呼ばれるようになるかもしれない。

【参考サイト】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041013-00000009-zdn_ep-sci
Opera ブラウザ - 新しい Web ブラウザ - 無料でダウンロード



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.