読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言などを探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【TOCANA】【衝撃】「ばけたん」は“地震予知装置”だった! 徹底検証した結果がヤバい、熊本地震も予知!

災害

今日26日にTOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
じつはそのことに気づかずに、編集者から今日配信されるというメールも見逃していて、いまそのメールを読んで知ったところだ。


というわけで、自分もまだ読んでいないが(執筆者だから変な表現?)、お知らせしておきます。

f:id:nmomose:20160727011245j:plain

続きを読む

【地震】千島列島でM5.2+横須賀の定置網でナガスクジラ捕獲

災害

今日7月25日3時3分頃、千島列島でM5.2の地震があった。
日本でも、北海道の十勝地方などで震度1を記録した。

発生時刻 2016年7月25日 3時3分頃
震源地 千島列島
最大震度 震度1
位置 緯度 北緯 45.3度
経度 東経 150.9度
震源 マグニチュード M5.2
深さ 約120km


f:id:nmomose:20160725223423j:plain

続きを読む

【地震】関東南部の伊豆大島近海で有感・無感地震が多発~複数名の研究者が静岡・伊豆周辺の地震を予測

災害

今日は現在進行形で発生している地震地震予知に関する話題を。
今日24日未明から、伊豆大島近海で有感・無感地震が多発している。


伊豆大島近海、伊豆半島東方沖を含めると、20回弱の有感地震が起きている。
無感地震を含めると、もっと多くなる。


この記事では、最近の地震予測と前兆現象かもしれないことを紹介する。

続きを読む

【電脳】あらゆる必要機能を取り入れたFYYの神的激安iPhone(Android/タブレット)ケース

電脳

他の大半の人たちは、そうは思わないみたいだけど(苦笑)、私にとってスマホiPhone)にストラップは必須だ。
しかも、単なる手でホールドするためのものではない。
ズボンのベルトを通すところに取り付けて、伸縮自在のチェインで繋いだものだ。

f:id:nmomose:20160724151223j:plain

続きを読む

【地震】茨城県で地震多発+首都直下地震の防災対策も都知事選の重要課題に

災害

茨城県など関東地方で地震が相次ぐ中で、首都直下地震がいまだに話題に上っている。
今日は日刊ゲンダイで記事が出た。
「相次ぐ震度4…“地震の巣”が引き起こす首都圏直下の予兆」と題した記事だ。


www.nikkan-gendai.com


首都直下地震が「いつ起きてもおかしくない」とする地震学者らの根拠とするところは、一つには、1923年の関東大震災以来、エネルギーの解放がされていないということにある。


f:id:nmomose:20160724015455j:plain

続きを読む

イタリアで地震予知失敗の裁判~南海トラフ地震の際の「大震法」も同様の危険を孕んでいる

災害

今日『ZAKZAK』で、「あいまいな「地震予知」がもたらす悲劇 イタリアで地震予知失敗の裁判」という記事が掲載された。
例のイタリアの、地震学者たちが地震予知に失敗したとして訴えられた裁判の件だ。


2009年春、イタリアのイラクラで数回の地震が発生した。
その後に地震は頻発し、大地震を予測する学者も現れた。


そのため「国家市民保護局」は学者を含む「大災害委員会」を開き、安全宣言を出した。
「大地震は来ない」と国民を安心させるためのものだった。
政府が人心を鎮めようという方針を委員会の前に決めていて、はじめに結論ありきだった。


f:id:nmomose:20160723003204j:plain

続きを読む

【地震】関東(茨城県・千葉県)で地震が頻発~首都圏直下M7級の前兆??

災害

昨日は某所の原稿執筆でブログをお休みした。
このところ関東(茨城県・千葉県)で地震が頻発していて、今夜も茨城県沖でM3.6の地震があった。
最大震度3で、大したことない規模だが。

発生時刻:2016年7月21日 22時51分頃
震源地:茨城県
最大震度:震度3
緯度:北緯 36.5度
経度:東経 140.7度
震源マグニチュード M3.6
深さ:約20km

続きを読む






Copyright (C) 2004-2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.