探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】「大地震・洪水の連鎖が400年周期で起きる」ことが国の調査で判明! まだ起きていない大地震は?

スポンサード リンク

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
『【衝撃】「大地震・洪水の連鎖が400年周期で起きる」国の調査で判明! 現在ガチでサイクル突入中、3つの危険地帯はどこ?』と題したもの。


地震や大水害には、約400年の周期があることが、国立の「総合地球環境学研究所(地球研)」の科学者の研究で判明したという内容だ。
400年前といえば、ちょうど慶長地震の大地震シリーズがあった頃で、非常に興味深い研究なので紹介することにした。


f:id:nmomose:20171008220304j:plain
 

TOCANAの記事

まず、下記のトカナの記事を読んでみてください。


tocana.jp
 

というわけで、慶長三陸地震は、ちょうど東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の400年前に起きていたんですね。
そのことと、この400年周期の法則がもっと早くわかっていれば、特に東北地方の人々は巨大地震に注意して、津波の発生にも気を配ることができただろうと思うと非常に残念です。

スズさんの警告夢?

予言的な内容になるが、慶長地震で思い出すのが、大災害の夢を頻繁に見るスズさんのことだ。
スズさんが、2015年8月に見た夢の中で、何者かに耳元で「噴火はもちろんのこと、大分県北部地震、慶長地震がそのままに起こる」と囁かれたという。


この夢については、下記の1年前のTOCANAの記事で紹介している。


tocana.jp


そこで書いたように、夢を見た翌年4月に熊本地震が発生し、大分県でも大きな地震があった。
このことは、前述の「慶長地震」と呼ばれる一連の災害シリーズがいよいよ始まったことを意味すると解釈できる。


スズさんが、「400年周期」など、まだわかっていなかった頃に見た夢だけに、説得力があるのではないか。
今後も「災害の夢ブログ」を、注意深く見守ることにしたい。


ameblo.jp
 

慶長年間に起きてまだ起きていない地震

トカナの記事で書いたように、慶長年間に起きた地震で、まだ対応する地震が起きていないのは、下記の3カ所の大地震だ。

  1. 中央構造線断層帯
  2. 近畿地方
  3. 南海トラフ


もちろん、通常は400年前の地震がそのままに起きると限ったわけではない。
だが、個人的には、やはり「そのままに起こる」というスズさんの夢が頭から離れないのだ。


これから書く記事で書くように、今日は頭痛でダウンしたので、このへんで失礼します。


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.