探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【地震】台風3号が迂回した地点で地震発生?+『週刊アサヒ芸能』7/13号で取材された


台風3号は今日、千葉県沖へ抜けた。
だが、台風の影響による豪雨で大きな被害が発生している。
5日17時51分に福岡県に、19時55分には大分県に「大雨特別警報」が発令された。


両県では、これまでに経験したことのないような大雨となっていて、行方不明者が出たりしている。
計約17万世帯、約40万人に避難指示が出され、約2500人が公民館などに避難している。


この集中豪雨は、梅雨末期の西日本でみられる典型的なもので、暖かく湿った空気が東シナ海から入りやすく、梅雨前線の南側に線状降水帯が発生しやすいためという。
2012年7月に大きな被害をもたらした九州北部豪雨とほぼ同様のメカニズムだという。


f:id:nmomose:20170705232050j:plain
 

伊豆大島近海M2.9

昨日の記事で、台風3号の進路が若干南へ逸れたので、ちょっと気になると書いた。


tankyu.hatenablog.com


ちょうど、その気になっていたところで、今日11時4分に、伊豆大島近海でM2.9の地震があった。

発生時刻 2017年7月5日 11時4分頃
震源伊豆大島近海
最大震度 震度1
位置 緯度 北緯 34.6度
経度 東経 139.4度
震源 マグニチュード M2.9
深さ 約10km


マップで示すと、以下のようになる。


f:id:nmomose:20170705232519j:plain


7/4 18時の時点で、進路を変えずに直進していたならば、今日の地震震源付近の上空を通過していただろう。
では、やはり震源を「迂回」したのだろうか?


たまたま、そうなっただけなのかもしれない。
進路変更の度合いが微妙に少ないので、これだとあまり自信たっぷりに言えないところだ。

週刊アサヒ芸能』7/13号で取材された

そろそろ寝なければいけないので、ちょっとだけ。
週刊アサヒ芸能』で再度取材されたと以前に書いたが、それは現在発売の7/13特大号だった。
今日、サンプル誌が届いた。


「静岡 伊東沖の群発地震は富士山噴火の前兆だ!」と題した記事。
そこで私は、先月の千葉沖のメガマウス出没についてコメントしている。


https://www.instagram.com/p/BWKy1tigfcB/
『週刊アサヒ芸能』で再度取材されたのが、やはり今発売中の7/13特大号だった。今日サンプル誌が届いて知った。(^-^; 「静岡 伊東沖群発地震は、富士山噴火の前兆だ!」と題した記事で、私は千葉沖のメガマウス出没についてコメントしている。そのためだけに買ってねとは言えない。特に女性が読む雑誌じゃないし。#アサヒ芸能 #地震 #地震予知


グラビア見たら、女性が買う週刊誌ではないと悟るでしょうね。^^;
まあ、来週になったらまた『アサ芸プラス』に載るだろうから、またその時に紹介しますね。


それにしても、関東、地震が少ない。
7月に入ってから、前述の伊豆大島近海が起きたくらいで、あまりにも地震が静穏化しているのは不穏な兆候?
自分の頭痛体感による予測は今日までだけど、明日以降、大きめの地震が起きなければ良いけれど。
特に台風による豪雨が起きたところ、要警戒です。

【追記】2017/07/06

今日7/6に発生したいくつかの地震も、この台風3号の進路を「迂回」させる要因だったのかもしれない。
たとえば、下記の2つの地震
いずれも、進路が逸れたのと反対方向(北側)が震源となっていた。


この2つの震源を、下記のマップに追記した。


f:id:nmomose:20170706224827j:plain
 

※住んでいる土地の地形がどれだけ重要かを示す一例。
https://www.instagram.com/p/BWJNXMcArWF/
昨日の台風で、隣の西東京市で、道路が川になっているところがあるとか。4/5にトカナで紹介した国土地理院の地形分類図では、うちは「大地・段丘」とあり、「土地の成り立ち」は、周囲より階段状に高くなった平坦な土地。」「河川氾濫のリスクはほとんどない ~ 地盤は良く、地震の揺れや液状化のリスクは小さい」とある。浸水など全く無縁で良かった。#地盤 #洪水 #地震 #浸水 #台風





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email