読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【前兆】『リアルタイム地震前兆データ』に「日本国内の電離層観測データ:イオノグラム」を追加しました

スポンサード リンク

今日、『防災三昧Web & Blog』の『リアルタイム地震前兆データ』のページに、「日本国内の電離層観測データ:イオノグラム」の画像を追加しました。
イオノグラムとは、イオノゾンデという観測装置によって取得される、電離層の一次観測データのことです。
これを常時観測することによって、地震の前兆がわかったりするとされています。


f:id:nmomose:20170519235018p:plain
 

地震前兆現象を捉える強力なツール

地球を取り巻く電離圏では、通信・放送に影響を与えたり、また地震、火山噴火、太陽フレアなどの自然現象によっても影響を受けるとされます。
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の本震直前には、電離圏電子数の異常増加現象が発見されました。

総合判定シグナル

NICT-情報通信研究機構が提供する全国4観測点のリアルタイムのグラフを表示しています。
また、各層の異常の有無が一目でわかるように、「総合判定シグナル」の画像も表示しています。


これもNICTのサイトでリアルタイムに表示されているものですが、シグナルが「静」でない画像が表示されている場合、何らかの異常があるということです。


このデータを定期的に観測することにより、イオノグラムに現れるノイズから、大地震発生の前兆を読み取ることができるかもしれません。

今日のデータ例

今日の最新のデータを見てみると、「スポラディックE層(Es)」の国分寺観測点のデータで多少ノイズが見られるようです。
総合判定シグナルの「スポラディックE層(Es)」で「Eスポ」がユラユラ揺れている画像が表示されています。


これはリアルタイムで変化するので、一時的に保存した現時点での国分寺グラフとシグナルを貼り付けておきます。


f:id:nmomose:20170520002838p:plain
f:id:nmomose:20170520002937g:plain


高度100~500kmあたりで、ノイズが見られますね。
国分寺といえば、うちのすぐ近所で、しばらく観察を続けることにします。

仮説

下記のページで、地震前に電離層に異常が現れる説明原理の仮説が書かれています。
内容の妥当性をチェックしていませんが、あとで検討してみることにします。


電離層仮説


『リアルタイム地震前兆データ』のページは下記にあります。
www.bosai3.com


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

ムサシ RITEX 懐中電灯付LEDセンサースリム ASL-030

ムサシ RITEX 懐中電灯付LEDセンサースリム ASL-030

https://www.instagram.com/p/BUP-KdXFQ9U/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.