探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【地震予知】北海道東部でM9クラスの巨大地震の可能性~根室沖・千島海溝で要注意か


根室半島沖の千島海溝付近で、M9クラスの巨大地震の可能性が高まっているという話題を。
北海道根室市で、地盤沈下の異変が起きている。


問題となっているのは、根室市の花咲港。
この港にある、潮位や波の高さを測定する検潮所で、地盤沈下が続いているという。


これが千島海溝の巨大地震に結びつく可能性を考えてみたい。


f:id:nmomose:20170417215215j:plain


上の図は、過去10年間ほどに北海道東方沖で起きた有感地震の分布図だ。


この検潮所は、1955年以降の約60年ほどで、60cmほど沈下している。
これは過去2回の大きな地震の後も続いていて、ひずみは変わっていない。


www.uhb.jp
 

過去100年間のM7超の地震の発生間隔

下記の図は、この100年間弱の間に北海道東方沖と根室半島南島沖で発生したN7.0以上の地震の分布図。


f:id:nmomose:20170417230603j:plain


この表にあるように、8回ほど発生している。
発生間隔はばらつきがあるが、そろそろまた…?
前述のように、花咲港の地盤沈下は、過去の2回の大きな地震でも、収まっていないという。

根室の巨大地震に警戒

千島海溝沖の巨大地震ということでは、木村政昭氏などの学者も予測している。
木村氏の千島海溝の地震予測は、「2010±5年(M8.5)」となっている。
つまり、予測期間を過ぎている。


北海道大学地震火山研究観測センターの谷岡勇市郎教授は、一番可能性があるのは、根室、太平洋側だという。
また、M9程度の巨大地震でないと歪が取れないという説があるとも語る。


根室半島沖だけでなく、千島海溝付近は、次に日本で起こる巨大地震の有力候補として、注視しなければならないだろう。


これを買ったが、人感センサー、USB充電、マグネット装着が気に入った。


https://www.instagram.com/p/BS8KetCl9td/
HAMSWAN 折りたたみ水筒 シリコンボトル、ミニカラビナ付き、耐熱、500mL、Amazonで1100円位。ギューッと握るとキャップが外れて水が吹き出そうだが、そうならない。エコウォーター+麦飯石の水用に買った。#水筒 #ミネラルウォーター


https://www.instagram.com/p/BS9k_jDFWIS/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email