探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・防災ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【前兆】広島のラドン濃度が度を越して上昇していた理由はこの地震だった?

スポンサード リンク

今日は、ちょっとマニアックになるが、地震前兆現象の話題を。
ラドン濃度に関する内容だ。


ここで、「ラドン濃度って?」という人に対しては、説明している余裕がないので、昨年10月にTOCANAで書いた記事でも読んでみてください。


tocana.jp


今日の記事は、広島のラドン濃度の値が度を越して高くなっていたことに関する内容。
それに対応する地震は、これだったのではないかというものだ。


f:id:nmomose:20170409001053j:plain
 

広島のラドン濃度が上昇

3月下旬から、広島のラドン濃度が急上昇していたことについては、下記の3/29の記事で指摘しておいた。


tankyu.hatenablog.com


大気中のラドン濃度の値が地震発生の前に高くなることについては、既存の科学的領域に入っていることだ。
決してアヤシイ地震予知ネタではない。


広島観測点のラドン濃度は、3/26頃から上昇が始まり、3/28と4/1にグラフの枠を超えるほどのピークが見える。
そして4/3頃に急激に下降した。

対応する地震は?

これに対応する地震が起きていなかったかと、調べてみた。
まず、3/28の最初のピークについては、下記の2つの地震があった。


2つ目のピークでは、下記の地震があった。


広島-和歌山県南部間は、大雑把にいって230Km前後ある。
また、広島-山口県北西沖間は、120Kmほど。


いずれの地震も小規模なため、ラドン濃度グラフ上で地震発生のポイントを描画する最低規模のM4に達していなかった。


これだけ距離が離れていて、この程度の小規模な地震だったため、本当にこれらの地震ラドン濃度を上昇させた要因だったのか、疑問が残る。

自分で探し出したといっても、あまり自信がないので、参考までに留めてください。



地震の前兆150 (宝島SUGOI文庫)

地震の前兆150 (宝島SUGOI文庫)

ほしいけど高い


saruchan.hatenablog.com


https://www.instagram.com/p/BSnpL7ZlM8H/
【桜】家を出て10歩歩くと桜並木の遊歩道があるというのは羨ましいでしょう?(^-^) 花小金井の地名の所以。さあ満開を過ぎてこれからは花吹雪だ。これが一番好きだったりする。Sakura trees near home.#桜 #花小金井


https://www.instagram.com/p/BSnoESAlcbR/
【桜】都立小金井公園のお花見は、なんとか雨に降られずに満開の桜を楽しめた。We enjoyed with Cherry blossoms in Kogane Park.#桜 #花見 #小金井公園


https://www.instagram.com/p/BSoBrqrFHd6/
【桜】東京都立小金井公園は、江戸時代からの桜の名所だっただけあって、山桜、染井吉野、霞桜など50種約1700本の桜があり都内有数…の割には知名度が低いせいもあるのか人出は想定外の少なさ。ずっと知られないままでいてね。(^^; サルちゃんのタイ友家族も2組加わって、賑やかな花見になった。With Saru's Thai friends' family in Koganei Park.#花見 #小金井公園 #桜



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.