探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】【ガチ】絶滅しかけのミツバチを今救わないと、人類は4年で滅ぶ?アインシュタインが警告?


今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
今回は地震などの災害ものではないけれど、ある意味で、もっと怖い「カタストロフィー」になるかもしれないものだ。


題して、『【ガチ】絶滅しかけのミツバチを今救わないと、人類は4年で滅ぶ!(徹底解説)』というもの。
同様の内容は、どこかのWebメディアで読んだことがあるという人もあるだろう。


だが、「なーんだ!」と思う前に、もうちょっとお付き合いください。
今まで私が、「あー読んで損した」と思うような、安っぽい都市伝説を書いたことがありましたか?


いっぱいあった?(^-^;
いや、でもこれは違うんです。


f:id:nmomose:20170228235212j:plain

 


アルバート・アインシュタイン博士が言った?

「もしミツバチがこの地球上から消えてしまえば、人類は4年で滅亡する」
…というようなことを、かのアルバート・アインシュタイン博士が警告した。


そんな言説が、この数年のWebメディアで見られる。
結論からいうと、それはウソです。


bizmakoto.jp
www.insightnow.jp
アインシュタイン説―ミツバチの絶滅が人類滅亡へは本当に起こるのか?|「マイナビウーマン」


よくもまあ、調べもしないで書くなー。
プロのライターさん?


「本当にアインシュタインがそんなことを言っていたのか?」
…という疑問から、今回の「探求」が始まった。

トカナの記事

というわけで、TOCANAの記事を読んでみてください。


tocana.jp

じつはメーテルリンクの言葉だった

というわけで、じつはモーリス・メーテルリンクの言葉だったんですね。
いわずと知れた、ノーベル文学賞の受賞者です。


でも、この言葉は正しくなかったんですね。

人類は滅亡しないまでも…

では、ハチミツがこの地球からいなくなると、人類はどうなってしまうのか?
それは、トカナに書いた通りです。


ほんの小さな虫けらがいなくなるだけで、人類の経済や食糧事情は大打撃を受ける。
やはり、「自然の中の人間」なんですね。
どんなに科学技術が発達しても、人類は「自然」なしには生きられない。


自分自身、この記事を書いていて、そのような教訓を得たのでした。


蜜蜂の生活

蜜蜂の生活

本質的!
死後の存続

死後の存続



絶対できんわよね。
この国はお隣さんの国よりも腐り切ってるから。


今日の福島県沖の地震については、防災三昧ブログで書いています。
www.bosai3.com


※「かん」を含む名前に「かんな」があった。
もしかして、10月に生まれるから?
だとすれば女の子だろう。
だんだん辻褄が合ってきた。
tankyu.hatenablog.com





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email