読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【TOCANA】【決定版】巨大活断層地震発生確率ランキングTOP10! 熊本地震・鳥取県地震の次に動くのは?

スポンサード リンク

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
2月に入って初めての記事だ。
『【決定版】巨大地震発生確率ランキングTOP10! 熊本地震鳥取県中部地震の次に動く活断層はここだ!!』と題したもの。


産総研産業技術総合研究所)による、大陸プレート内地震活断層地震)の発生確率が高いものからベスト10(ワースト10)を紹介したもの。
昨年は熊本地震(4月、M7.3)と鳥取県中部地震(10月、M6.2)という2つの大きな活断層地震が起きた。
では、次は日本のどこで揺れるだろうか。


f:id:nmomose:20170215234334j:plain
 

トカナの記事

まず、TOCANAの記事を読んでみてください。


tocana.jp


以下に、10位から1位までにコメントをつけていく。

第10位:根来断層(和歌山県) …… 発生確率7%

和歌山県北部を走る和泉山脈南縁区間の平均活動間隔は約1100〜2300年とされ、今後30年以内にM7.6〜7.7クラスの地震が発生する確率は最大14%に達する。

第9位:紀伊水道徳島県)…… 発生確率8%

阪神・淡路大震災から22年を迎えた今年1月17日、大阪府内各地で大規模災害を想定した訓練などがあった。
大阪府の訓練では、紀伊水道沖を震源にしたマグニチュード9.1の地震が発生し、最大で震度6強を記録し、家屋倒壊や火災が相次いだほか、沿岸部全域に津波が到達するとの想定だった。

第8位:茅野断層(長野県)…… 発生確率8%

これは父方の先祖の地である諏訪の話なので、他人事ではない。
糸魚川静岡断層線(糸静線)の一部だが、ここが大きく動く結果として、日本列島が分断する大災害になるという予言もあると書いた。
これは、松原照子氏と長田明子氏の予言だが、松原氏の「魔の水曜日」の予言は、本人は現在は起きないだろうと否定的だ。

第7位:武山断層(神奈川県)…… 発生確率9%

ここが揺れると、市内ほぼ全域で震度6弱以上の強い揺れが見込まれている。金沢区内では、泥亀や瀬戸、洲崎町、柴町などで震度7を観測する恐れがあるという。
さらに被害想定では、液状化の可能性も指摘されていて、首都圏で大きな被害が予想される。

第6位:饗庭野(あいばの)断層(滋賀県)…… 発生確率10%

最新の活動は3000年~2400年前と考えられている。
串田嘉男氏の地震予測は、何度も延期されたことで有名になってしまったが、数年たっても起きないことで、本当に起きるのかと疑問視する声も大きいい。

第5位:石動山(せきどうさん)断層(石川県)…… 発生確率10%

ここが動いたら石川県羽咋市も大変なことになる。
また志賀原発が無事であることを祈るしかない。

第4位:北武(きたたけ)断層帯(神奈川県)……発生確率12%

第3位:衣笠断層帯(神奈川県)…… 発生確率13%

この2つも第7位の武山断層と同様で、一度動くと首都圏で甚大な被害が予想される。
三浦半島はワースト10の中に3つもの活断層が入っていて、怖い。 


私は2012年に「まぼり つなみ」の幻聴があった。
三浦半島の馬堀海岸だ。
また2013年には平和島の観音様で地震鎮静を祈っていて、「さがみ」という幻聴があった。
神奈川県で大地震または津波が来るということか?

第2位:五条谷(ごじょうや)断層(和歌山県)…… 発生確率16%

2/11のこのブログの記事で書いたように、和歌山県北部で数十年来続いている微小地震は何を意味するのか。
不気味ではある。
tankyu.hatenablog.com
 

第1位:牛伏寺(ごふくじ)断層(長野県)…… 発生確率25%

ここの糸静線の部分が動くと、もっとも恐ろしいことになりかねない「地震の火種」だ。
同じ糸静線の長野県神城断層地震(2014年)はM6.7だったが、M8前後となればケタが違ってくる。


…というわけだが、みなさんの住む地域にも活断層があるだろうが、いまいちど発生確率を調べてみてください。
トカナで強調して書いたように、たとえ0コンマ数%の確率であっても、「起きる時には起きる」のだ。
それは、阪神淡路大震災熊本地震が物語っている。


[最新版] 活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹

[最新版] 活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹

日本の活断層図―地図と解説

日本の活断層図―地図と解説


https://www.instagram.com/p/BQgfryRDcLw/
【愛弥美】おはよ。Mornin'



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.