探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

スポンサード リンク

【地震】パプア・ニューギニア付近でM7.9(M8.0)の地震発生~津波の可能性~3連続スーパームーンの影響がついに出たか?

スポンサード リンク

さきほど、日本時間12月17日(土)19:51頃(現地時間20:51)、太平洋パプア・ニューギニア、ニューアイルランド付近でM7.9(USGS発表)の地震が発生した。
当初はM8.0の情報(気象庁発表など)もあった。


https://www.instagram.com/p/BOHef4DDlBt/
Instagram


気象庁は、太平洋の広い範囲で津波が発生するおそれがあるとして、周辺の各国に「北西太平洋津波情報」を発表した。

エクストリーム・スーパームーンの影響か

11月14日に、68年ぶりとなる近さに月が地球に接近したエクストリーム・スーパームーンがあった。
その前後の満月もスーパームーンとなり、12月14日の3連続目のスーパームーンの数日後までは、大きな地震に注意を呼びかけていた。


幸い日本ではなかったが、やはり21/14の満月から数日後に太平洋プレート境界付近で大きな地震が起きるというのは、ほぼ想定内のことだった。

12/9にはソロモン諸島M7.8の地震

12月9日にはソロモン諸島でM7.8の地震が発生していたが、そこから千キロちょっと西へ行ったところが震源となった。


f:id:nmomose:20161217204904j:plain
 

パプア・ニューギニアソロモン諸島の過去の大地震

使い古しと思われるかもしれないが、いつものデータを。
Google Earthに、1900年から現在までに発生したM7.0以上の地震震源マッピングしたデータを取り込んだのが、下記のマップだ。


f:id:nmomose:20161217215011j:plain


ご覧の通り、今日の震源も、ソロモン諸島M7.8の震源も、黄色い丸印で埋もれている。
それだけ、この界隈ではM7超の地震が「ありふれた地震」にすぎないことがわかる。


M7超の地震の密度ということでは、日本付近の太平洋プレート境界あたりで発生する地震よりも過密になっているように思える。

地震の影響は?

この地震の直後から、すでに余震が発生しているようだ。
下記のGoogle Earthのマップを見ると、本震の震源からかなり離れているようだ。
赤丸印は、現時点(22:20)から1時間以内に発生したという意味だと思う。


f:id:nmomose:20161217222353j:plain


気になる地震の影響だが、本震はニューブリテン島から45Kmほど離れいるようだ。
2011年に発生した東北地方太平洋沖地震(M9.1)の本震が、陸地から70Kmほど離れていたので、それよりも近いことになる。
人的・物的被害が気になるところだ。

津波の恐れは?

震源付近では、津波発生の恐れがあるという。
日本への津波到達の可否については、気象庁は午後10時、「日本の沿岸では多少の潮位の変化はあるかもしれませんが、津波の被害の心配はありません」と発表した。


現時点(12/17 23:55)の気象庁津波情報は、以下のように記されている。

若干の海面変動が予想される時刻は、早い沿岸で18日00時00分頃です。
 これらの沿岸では今後1日程度は若干の海面変動が継続する可能性が高いと考えられます。


その「海面変動」の各地で予想される高さは、下記の通り。

三重県南部      0.2m未満
伊勢・三河湾     0.2m未満
伊豆諸島       0.2m未満
兵庫県瀬戸内海沿岸  0.2m未満
北海道太平洋沿岸中部 0.2m未満
北海道太平洋沿岸東部 0.2m未満
北海道太平洋沿岸西部 0.2m未満
千葉県九十九里・外房 0.2m未満
千葉県内房      0.2m未満
和歌山県       0.2m未満
大分県瀬戸内海沿岸  0.2m未満
大分県豊後水道沿岸  0.2m未満
大東島地方      0.2m未満
大阪府        0.2m未満
奄美群島トカラ列島 0.2m未満
宮古島八重山地方  0.2m未満
宮城県        0.2m未満
宮崎県        0.2m未満
小笠原諸島      0.2m未満
山口県瀬戸内海沿岸  0.2m未満
岡山県        0.2m未満
岩手県        0.2m未満
広島県        0.2m未満
徳島県        0.2m未満
愛媛県宇和海沿岸   0.2m未満
愛媛県瀬戸内海沿岸  0.2m未満
愛知県外海      0.2m未満
有明八代海     0.2m未満
東京湾内湾      0.2m未満
沖縄本島地方     0.2m未満
淡路島南部      0.2m未満
熊本県天草灘沿岸   0.2m未満
相模湾三浦半島   0.2m未満
福岡県瀬戸内海沿岸  0.2m未満
福島県        0.2m未満
種子島屋久島地方  0.2m未満
茨城県        0.2m未満
長崎県西方      0.2m未満
青森県太平洋沿岸   0.2m未満
静岡県        0.2m未満
香川県        0.2m未満
高知県        0.2m未満
鹿児島県東部     0.2m未満
鹿児島県西部     0.2m未満
津波予報(若干の海面変動)


パプア・ニューギニアソロモン諸島のような島々に住む人々は、何らかの津波対策を伝承してきているのだろうか?
それを調べてみたくなってきた。

日本で地震は?

いうまでもなく、太平洋プレート境界沿いの地震震源がジワジワと北上しつつあるようで、そろそろ日本も要注意ということになりそうだ。
3連続スーパームーンの影響がいつまで続くのかということについては、私も断言できないが、もうしばらくは様子を見た方が良さそうだ。


科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE)

科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE)

TSUNAMI―津波から生き延びるために

TSUNAMI―津波から生き延びるために

津波耐震 シェルター スーパーバリアS4

津波耐震 シェルター スーパーバリアS4

津波耐震 シェルター スーパーバリアS7-L

津波耐震 シェルター スーパーバリアS7-L



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.