読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】「11月22日福島県沖M7.4地震は前兆」木村政昭氏が警告~大津波を伴う巨大地震が待ち受けている?

災害
スポンサード リンク

今日「アサ芸プラス」サイトに掲載された記事の話題を。
『福島沖「11月22日M7.4地震は前兆」専門家が不気味警告』と題したもの。


11月22日に発生した福島沖地震M7.4、最大震度5弱地震では、最大1.4mの津波も発生した。
福島原発事故の悪夢が再び頭をよぎった。


気象庁は「東日本大震災の余震」との見解を示したが、果たしてそれで終わりなのか。
これは単なる「予兆」なのだという地震学者がいる。


それは、木村政昭琉球大学名誉教授だ。


f:id:nmomose:20161205222730j:plain
【コレガワレワレノミライノスガタ?】
 

木村政昭名誉教授の見解

木村政昭氏は、こう語る。

太平洋プレートは北から南までまんべんなく押してくるんですよ。その圧力がかかった結果、弱い部分が割れて地震が発生する。3.11の東日本大震災は、ニュージーランド地震から17日目に発生しましたが、今回もひずみがたまった弱い部分が割れるだろうと注意を呼びかけていたら、案の定でした。しかし、これは前兆にすぎません。“本命”とも言うべき巨大地震が近く、日本近海で発生すると、私は見ています。


www.asagei.com


木村氏の警告というのは、たしかに自分のHP上で書き込まれていた。
「今後、日本の地震空白域での大地震の発生が心配されます」と警戒していた。


kimuramasaaki.sakura.ne.jp
 

伊豆・小笠原諸島スーパー巨大地震

地震空白域は日本のあちこちにあるが、木村氏が繰り返し警告するのは、伊豆・小笠原沖。海底噴火で拡大を続ける西之島付近だ。
木村氏が予測する、いわゆる「伊豆・小笠原諸島スーパー巨大地震」で、「2012±5(M8.5)」というから、2017年までに起きることになる。


木村氏が予測する巨大地震が発生しても、内陸部には直接的な被害は大きくない。
問題は、大津波が起こる可能性があることだ。

地震動などの直接的な影響はさほどでもないでしょうね。大きな揺れといっても、東京で震度5程度のものになると見ています。しかし、津波はそうはいかない。フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて地盤が軟弱なため、海底が大きく沈降した場合、大津波が発生するおそれがある。津波は同心円状に広がっていくので、太平洋側一帯は大津波の警戒が必要になります。西日本、沖縄などの離島も心配ですが、これまで津波の被害をあまり受けなかった東京湾津波が入ってくるかもしれない


木村氏は、南海トラフ地震は当面(数十年)は起きない説を指示している。
この点は、たとえば昨日の記事で紹介した高橋学氏と大きく見解が異る。
だが、いずれにしても、大津波を伴う巨大地震が間近に迫っているということでは、大きくは変わらない。


また木村氏が予測する千島海溝と日向灘地震、富士山噴火も、起きれば大災害になるだけに、これらも注意が必要だろう。


震度5で通電停止→これはいいかも。
地震対応安全コンセント FKC-333N

地震対応安全コンセント FKC-333N


https://www.instagram.com/p/BNng2AXBKmz/
【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.