探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

スポンサード リンク

【松原照子氏】富士山が噴火する年は?~月刊SYOの記述から推理する

スポンサード リンク

今日は、地震予知ではなく予言の話で、しかも火山噴火の予言関連の話題だ。
久々に、松原照子さんのブログ『幸福への近道』の有料コンテンツの一部であるWeb月刊誌『月刊SYO』からネタをいただく。
有料コンテンツであるため、引用はせず、ここまでならば何とか許されるかな?と判断しつつ、最小限のことを紹介していきます。

f:id:nmomose:20161005214322j:plain

月刊SYO 2016年10月号のさわり

10月1日に発行された10月号では、富士山の話題に続いて、「322」と「328」の数字を書いている。
もしかしたら過去の噴火からの数字か?とも。


珍しく、自分で答えの可能性を書いている。
私の出番がなくなったりして。^^;


最後の噴火が1707年12月16日の宝永大噴火だった。
そこから数えるとすれば、322年後は2029年、328年後ならば2035年後となる。

2029年または2035年に噴火する?

今から13年~19年後に富士山が噴火???
また随分先になったな。


今までの発言では、2017年~2018年頃に、南海トラフ地震、首都直下地震、富士山噴火(?)のいずれかが最初に起これば、他も短期間に次々と起きるみたいなニュアンスだった。


「322」と「328」の数字を、年以外の解釈でできないか?
たとえば月日だとして、3月22日、あるいは3月28日とするのは、経験上ちょっと無理がある。
というのも、年月日まで指定した災害の予言は、いまだかつて的中した試しがないからだ。


というわけで、年以外の解釈は難しいようだ。
年だとしても、あまりにも先のことなので、ほんまかいなという感じ。
「だいたいその頃に」というのならば、まだわからないでもない。


上記の通りになるとすれば、2020年の東京オリンピック以降ということになる。
もしそれ以前に起きれば、五輪どころの話ではなくなるかもしれない。


今後も、別の可能性はないか検討してみることにしたい。


富士山大爆発のすべて  いつ噴火してもおかしくない

富士山大爆発のすべて いつ噴火してもおかしくない


https://www.instagram.com/p/BLKFA2hByPp/
【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美




スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.