読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【台風と地震】台風16号が静岡県で急激に進路変更した理由は?+松原照子氏の台風に関する世見

災害
スポンサード リンク

日本に上陸して大雨をもたらした台風16号は、9/20に温帯低気圧に変わった。
この台風の進路で非常に気になったのは、消滅する前に、静岡県あたりで急激に進路を変更したことだ。
このことが地震の発生と関係があるかどうかを考えてみたい。
また、松原照子氏の台風に関する世見も検証してみることに。


下記のGoogle Earthのマップは、台風16号の進路データを取り込んだもの。


f:id:nmomose:20160922035956j:plain


これを見ると、9/20の18時頃に、それまで東へ進んでいたのが、静岡県安城市あたりで、ほぼ直角に近い角度で南へと進路を変更している。
そして3時間後の21時頃には、静岡県沖で温帯低気圧に変わった。

台風の進路と地震との関係は?

一般的に、台風の後には大きな地震が発生しやすいといわれる。
また、自分がいままで調べてきたところでは、台風が直後に地震が起きる地点を迂回して進むことがあるかもしれないということ。
たとえば下記の「地震ニュース」の記事でも、私がTOCANAで書いた説を取り上げてくれている。


jishin-news.com


だが、今回の場合、あまりにも進路変更が急激な角度を伴っているために、逆に地震とは関係ないのではないかと思えてくる。
台風の進路を決めるのは、たとえば南太平洋に張り出した高気圧の影響などが要因としてある。
地震」というのは、あくまでも副次的な要素だ。


今回の台風16号は、どちらかというと、あまり地震に影響されずに素直に(笑)進んでいったように思われる。
だが、台風一過の後には地震があるといわれるので、進路のあたりで地震が起きないか、念のため注視することにしたい。

九州と風車の被害

次に、松原照子さんが今年になって、何か「台風」に関して世見していなかったかを見てみたい。
まず、5月5日に「今年の梅雨、台風は」と題した世見記事があった。
ここで、こう書いている。

九州はそれでなくても台風が多いと聞いたことがありますので、例年より以上に注意をなさってください。今年の台風の数は少ないかも知れませんが、風が強く人が歩くのが大変なようにも思います。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/05/05より)
www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com


現時点で今年九州に上陸した台風は、2件ある。
12号と16号だと思うが、12号は目立った被害がなかったものの、16号は記録的大雨をもたらし、不幸も出てしまった。
今年の台風の数が少ないというのは、後でも触れるが、その通りには行かなかった。

発電用の風車に被害が出るくらいの強風を目にしています。
沖縄 奄美とその周辺の島々も強風には充分気を付けてください。
(松原照子、同上)


台風16号の被害の一つとして、風力発電の設備に被害が出たところもある。
鹿児島県の南大隅ウィンドファーム根占発電所南大隅町)では、9月20日午前8時ごろ、風車3機の保護カバーが脱落した。
佐多発電所と合わせた風車20機のうち7機の保護カバーが脱落し、3機の保護カバーが欠損した。
台風16号の強風が原因とみられる。


また、各地に大きな被害をもたらした台風16号は、沖縄県でも農作物への多大な被害が出たようだ。

今年は台風の上陸が少なくなる?

次は、7月01日の「今後は日本海側も気を付けて」と題した世見。

雨も集中的に降るので、今まで以上に雨の予報には充分気を付けて下さい。
土砂災害の被害も気になります。
今年はこのままで行きますと、台風の上陸は少ないか、しないかになる気もしています。
まさか台風が上陸しないなんて過去にあったかどうかはわかりませんが、そんな気がしています。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/07/01より)
www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com


台風16号は今年6個目の日本への上陸となった。
2004年の10個に次いで、1951年の観測開始から2位タイとなる多さだ。
「台風の上陸は少ないか、しないかになる気もしています」という世見は、まったく異なる結果となっている。
この調子だと、更に増えるかもしれない。


次は、8月28日の「大型台風が一番多い9月に備えて」という世見。

今年も9月は台風に充分気を付けてください。
「秋雨前線をどうか刺激しませんように」と、願ってしまいます。
自然災害を逃れる方法は私達にはありませんが、台風や竜巻と違い早めの対策が出来ます。
我家は大丈夫と思われる前に、「備えあれば」で台風に勝ってください。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/08/28より)
www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com


この記事については、当たった外れたの検証ではなく、常識的な範囲での注意喚起をしているので引用した。
たしかに、地震は予測が難しいが、大雨や台風は気象庁などによって詳細の進路や強弱が事前にわかるようになっている。


それでも大きな被害が出てしまう中には、「油断」や「自然に対する認識の甘さ」があったりするかもしれない。
台風にしても地震にしても、自然を甘く見ないようにしたいものだ。


というわけで、どうも今のところは世見の調子が悪い(?)のではないかと思えてくる。
今後の世見に期待したい。



https://www.instagram.com/p/BKml1oLBKH_/
5年前、入籍する1週間くらい前に。もうすぐ木婚式?5 tears ago before marriage.



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.