読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・地震予測等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】与那国島近海でM6.1地震+フィリピン海プレートと太平洋プレート境界に注意

スポンサード リンク

今日6/24 6:05に、与那国島近海でM6.1、最大震度2の地震があった。
震源与那国島の南西100Km、台湾島の東150Kmほどのところだった。

発生時刻 2016年6月24日 6時5分頃
震源与那国島近海
最大震度 震度2
位置 緯度 北緯 23.5度
経度 東経 123.3度
震源 マグニチュード M6.1
深さ 約10km


震源はちょうどフィリピン海プレートユーラシアプレートの下に沈み込んでいる境界線上あたりだった。
震源の北方では、5月31日に石垣島北西沖でM6.4(M6.2)の地震が起きている。


また震源をプレート境界に沿って北上した奄美大島近海では、6月上旬から群発地震が起きている。
そこから遠くない諏訪之瀬島では、6/13に噴火が起きている。

フィリピン海プレート境界で地震が多発

このように、フィリピン海プレートが沈み込んでいる付近では、地震や火山噴火が多発している。
以上の震源などを下記のGoogle Earthのマップに書き込んだのが下の図だ。


f:id:nmomose:20160624233414j:plain


フィリピン海プレートというのは小さなプレートだが、その周囲の境界線付近で1週間の間にどれだけ多く地震が起きているかを示したのが、下記のGoogle Earthの地図だ。


f:id:nmomose:20160624233350j:plain


最近では6/19にバヌアツでM6.6など、太平洋プレートの南の境界線あたりでも大き目の地震が起きている。
この日の記事では、太平洋プレート境界を時計回りに北上して日本の近くでも大き目の地震が起きやすいと書いた。
もともとフィリピン海プレートの活動は太平洋プレートに押されて起きているようなので、この2つのプレートの活動は連動しているということなのだ。


また、いつか起きるといわれる南海トラフ地震日向灘地震も、フィリピン海プレート境界付近で起きるものなので、そういう意味でも長期的に注意が必要だといえるだろう。


日本の地震地図:南海トラフ・首都直下地震対応版

日本の地震地図:南海トラフ・首都直下地震対応版

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット


『食探三昧』ブログのデザインを変更しました。
また、Instagramで投稿している【今日の食卓】シリーズを、このブログに自動投稿する仕組みを取り入れました。
shokutan.hatenablog.com


https://www.instagram.com/p/BHA_maaBvzZ/
【愛弥美】おはよ。Mornin'


今日はちょっとオネエになってみました。
私の従兄弟のオカマ歌手に似てる?




スポンサード リンク

千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.