読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・地震予測等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震・噴火】ヴァヌアツ諸島でM6.6の地震+フィリピン・ネグロス島のカンラオン火山が噴火

スポンサード リンク

さきほど、南太平洋バヌアツのイサンゲル島南西沖でM6.6の地震が発生した。
2016年06月19日09:47 UTC(現地時間20:47頃)だった。


f:id:nmomose:20160619193522j:plain


上記のGoogle Earthのマップでは拡大しないとわからないが、震源がほぼ同じあたりで3日前頃から群発している。


ボッポさんが「バヌアツの法則」を発見したが、私が思うに、ヴァヌアツに限らず南太平洋の太平洋プレート付近で起きた大き目の地震は、太平洋プレートを時計回りに移動して日本周辺でも揺れることが多いように思う。
ニュージーランドソロモン諸島も同様だ。


なので、東日本の太平洋側は、しばらくは注意が必要だろう。

フィリピンのカンラオン火山が噴火

昨日6月18日、フィリピン中部ネグロス島(Negros)で、カンラオン山(Mount Kanlaon、標高約2470m)が噴火した。
火山灰は高さ約1.5Kmにまで達した。


この山は、昨年11月から火山活動が活発化していて、登山が禁止されていた。


同じフィリピンでは、6/10に北部ルソン島最南端のブルサン山(Mount Bulusan)が噴火し、噴煙が上空2000mまで上がった。


この2つの火山は、いずれもフィリピン海プレートユーラシアプレートの下に沈み込むあたりに位置している。
表面上のプレート境界は下記のGoogle Earthのマップの通りとなっている。


f:id:nmomose:20160619231437j:plain


日本では6月13日にトカラ列島諏訪之瀬島の御岳(おたけ)で噴火があったが、この火山も同様のプレート境界位置にあり、同じようなプレートの活動の影響を受けているのかもしれない。


今後も日本で同じライン上の火山噴火や地震に注意が必要だろう。



今日は別ブログで、「食」に関する記事を3本も書いてしまった。
まず、『食探三昧』で2本。
花小金井に新規開店したインド料理店『スワガット』の紹介。


shokutan.hatenablog.com


そして、またネット上で話題になり始めている「1日1食」の件。


shokutan.hatenablog.com


それから、『サルちゃんのタイ料理三昧』ブログで、立川のすごく美味しいタイ料理店『アヨタヤ』の紹介記事です。


saryuya.com


https://www.instagram.com/p/BG0Ok-Co2sM/
【龍矢】【愛弥美】おはよ。サワディーカーー。Mornin' Sawaddee kaaaa.


https://www.instagram.com/p/BG1ef9vo2sh/
【今日の食卓】サルちゃんが、父の日だからとSTRONG ZEROと抹茶プリンを買って来てくれた。ダブルレモンで9度は超効くー。氷結よりも好きかも。お父さんが亡くなった彼女にとって、私は父代わりでもあるのか…。"STRONG ZERO" for father's day ftom Saru. Vermy strong present.


今日は父の日なので、猫になってみました。(^^)



スポンサード リンク

千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.