読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】地震前兆ラボに「地震の前兆現象」ページを新設~電磁波・体感・etc

災害
スポンサード リンク

地震前兆ラボ』サイトに「地震の前兆現象」と題した解説ページを新設した。
とりあえず、「地震の前兆現象と電磁波」と「『体感』による地震予測」のページを作成した。
今後、他の前兆現象についても順次ページを追加していく予定だ。

f:id:nmomose:20160605183956j:plain


私は「地震前兆研究家」と名乗っているが、主に宏観異常現象の研究に力を入れている。
特に、地震前の動物の異常行動について、本を書くほどデータを収集している。


一応以前はSE(ソフトウエアエンジニア)としてソフトウエア開発に携わっていて、IT方面の知識は一通りあり、データの解析なども多くの経験がある。
だが、個人的には電磁波やラドン濃度など機器で計測可能な現象よりも、曖昧性が強く科学者が避けて通りがちな現象に特に力を入れてきた。


機器で計測可能な現象は、科学者や多くの民間の研究者の方々に任せておけば良いという考えだ。
自分では、科学とそうでない領域の境界が曖昧で、「非科学的」とされやすい現象の解明に集中したいのだ。


また、「宏観現象」と呼ぶように、人間が五感を用いて見聞きできる現象のノウハウを多くもつ方が、今後の世界をサバイバルするためにも重要ではないかとも思うのだ。
はっきり言って、そのような現象には、本当かどうか怪しいと思うものも多い。
カラスが騒いだり、「地震雲」と言われるもののたぐいにも、多く見られる。
本当に地震と関係あるかどうかの真偽を見極めるためにも、多くのデータを集め吟味することも大切ではないかと思う。

地震の前兆現象」

地震の前兆現象と電磁波」では、主に池谷元伺・大阪大学名誉教授(故人)のパルス電磁波説を主体として、前兆現象について簡単に解説している。
「『体感』による地震予測」では、自分の頭痛・耳鳴り体感などの経験をもとに、ヒトが地震前兆を体感することについて解説している。


今後は、体感の他にも、地震雲や動物異常行動などについても少しずつまとめて、ページを作って行きたい。


下記がメニューページで、そこから下位の各ページへリンクしている。


saryuya.com
 

※やはりこの人の「電磁波説」の業績は大きい。

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

拙著Kindle本。
大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》


https://www.instagram.com/p/BGQQQvsI2gh/
【愛弥美】おはよ。アンパンマンの甚平を着て。Ayami wearing Jinbei - Japanese traditional cloths for festivals.



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.