探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】茨城県北部でM4.3、茨城県南部でM4.6+地震前兆ラボ「地震予知アンテナ」新設

スポンサード リンク

今朝、10:09頃に、茨城県北部でM4.3、最大震度4の地震があった。
ここ東京都小平市では有感地震にはならず、揺れに気づかなかった。
自分の体感的に、やはり一昨日の神奈川県M4.6で終わりではなかったと思っていたら、まだあった。
19:26には、茨城県南部で最大震度4の地震があった。
小平市では震度2を記録した。

発生時刻:2016年2月7日10時9分頃
震源地:茨城県北部
最大震度:震度4
緯度:北緯36.7度
経度:東経140.6度
震源マグニチュードM4.3
深さ:約10km

発生時刻:2016年2月7日19時26分頃
震源地:茨城県南部
最大震度:震度4
緯度:北緯36.1度
経度:東経139.9度
震源マグニチュードM4.6
深さ:約50km


下記のマップは茨城県南部の方。
f:id:nmomose:20160207214519j:plain


5日の神奈川県東部の地震と今日の2つの地震震源を示すGoogle Earthマップも載せておく。
USGSによるマッピングがあまり正確ではないかもしれないが、震源茨城県常総(じょうそう)市あたりだったようだ。


f:id:nmomose:20160207213645j:plain


今夜の茨城県南部の時には、子どもたちと一緒に2階にいたが、突然の縦揺れで、高い書架の上にある神棚の神具がユラユラ揺れた。


おとといの朝、神奈川県東部(実際は東京都多摩地区)で揺れた後も、頭のモヤモヤ感が続いていた。
頭のヒリヒリ感から、眼精疲労の時になるような眼のまわりの痛みと、時間がたつに連れて変わっていった。
それで、「これはまだ後続またはもっと大きな地震があるかも」と思っていた。


そういうわけで、5日の記事の締めくくりでも、「関東南部、まだ揺れるかもしれないので、ご注意を」と書いておいた。
必ずしも神奈川県南部ではないと、なんとなく思ったのだ。
あんまり根拠はなかったが。


tankyu.hatenablog.com


今朝の茨城県北部で揺れた後、夕方に軽く頭痛が始まった。
ロキソニンを飲むほどではないが、ちょっとコーヒーを飲みたい感じだった。


こういう時に頼りになるのが、ミッヒーさんとリシルさん。
だが、最近二人とも、あまりブログを書いてくれていない。
リシルさんは、12月以来ブログの更新がなくて、メールを送っても返信がない。
それで心配していたが、お父さんが体調を崩していたせいだった。
1月末に、やっと更新された。


ameblo.jp


電磁波とかラドン濃度とか色々あるが、やはり自分の「体感」は、経験則からして、ある程度は頼りになるようになってきた。
もっとも、言うまでもなく、頭痛がすべて地震前兆に起因するわけではないが。


頭痛が起きたら、まず地震以外の要因を考える。
私は真っ先に、iPhoneの「頭痛~る」アプリをチェクする。
現在の気圧の下降の具合を見るのだ。
急速に下降している場合は、いわゆる「気象病」としての頭痛の原因になり得るかもしれない。


このように、あれでもない、これでもないと引き算をしていって、それでも解決しない場合に、「地震かも」と考える。


一昨日の地震も含めて考えると、今回は少なくとも2つ(あるいは3つ)のM4クラスの地震が関東で続いたために、酷い頭痛と胃の不快感と応答を伴い、2.5日も仕事を休まざるを得なかった体感となったのだろう。
だから、このような酷い体調不良があっても、即「大きな地震が来る」と慌てずに、今回のようにM4~M5クラスの地震複数続けて来る可能性も頭に入れておかなければならない。


その他の身近にある前兆かもしれない現象としては、一昨日も書いた地デジの電波不良がある。
今朝も、いつもはよく映るテレビ朝日が、断続的に映らなかった。
でも、その頃は雨が降っていたので、もしかすると天候の影響かなと思っていた。


あくまでも可能性だが、地震前兆としての電波障害であるのかもしれない。
いま2階の部屋に室内アンテナとブースターを設置していて、それを地デジチューナーに接続している。
東京の多摩地区では、これでもなんとか地デジが映るのだ。
だが、全チャンネルはダメで、フジテレビとTBSは、最初から諦めている。
テレビはあまり真剣に見たりしないので、なんとかなっている。


こういう特殊な条件であって、もし屋根の上にアンテナを設置していたら、地震前兆の「検証」には不向きだっただろう。
テレビを見ていて、映像にノイズが入るような「前兆現象」は、考えられるかもしれない。
これは地デジ以前から、阪神淡路大震災の頃から報告があった。


それから、地震の前には、テレビやシーリング照明のリモコンの効きが悪くなるというのも、もしかするとあるかもしれない。
リモコンについては、パルス電磁波説の先駆者である池谷元伺・大阪大学名誉教授(故人)が著書で書いていたことだ。


この方の著書2冊は、私がバイブルとしているものだ。
過去に散々紹介しているので、書かないが。


これは地震予知に関心があるすべての人々に読んでほしい必読本。

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

こちらは、もっと理屈付けが好きな人向け。
地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

.

地震前兆ラボに『地震予知アンテナ』ページを開設。

今日は、自分が住んでいる小平市の情報収集のためのページを沙龍家内に作っていた。
それと、沙龍家・地震前兆ラボに『地震予知アンテナ』のページを開設した。
本当は以前からあったページだが、外部サービスの「はてなアンテナ」へリンクを張っていただけのページだった。


それを、プチアンテナサイト的なページにしてみた。
地震速報の他に、地震予知・予測などのサイトやブログの更新がわかるようになっている。
ページの下の方では、Twitterのツイートも載せている。
下記のページを見てください。


saryuya.com


沙龍家の各ページの見出しがイマイチなので、今日、サイトのCSSスタイルシート)を色々といじっていた。
そして、こんなのができてしまった。
「沙龍家」のヘッダー画像のところを見てください。


f:id:nmomose:20160207223455j:plain


各ページの見出しも、こんな風にした。


f:id:nmomose:20160207223635j:plain


ヘッダー画像自体はぜんぜん普通の長方形だが、CSSで傾きを出しているのだ。
2つ目の、テキストだけの見出しも同様だ。


こんな風に傾いていると、人によってはすごい生理的に受け付けないという人もいたりして。
面白いので、すべてのサブサイトで見出しを変えてみた。
そういえば、先日『超常現象ラボ』を改称して『スピ三昧』にしました。


夜になって、なんだか頭がスッキリしたような…。
これで、1週間悩まされてきた頭痛+吐き気体感が抜けたということかな。


自分は「3~4日ルール」と呼んでいるけれど、発震の前日から数時間前にも、軽く頭痛が起きることが少なくない。
電磁波の2つのピークがあるということは、前述の池谷博士の著書の内容とも一致するようだ。
今日はぐっすり眠れるかな。


最新・地震予知学―電磁波異常でわかる、その前兆 (ノン・ブック)

最新・地震予知学―電磁波異常でわかる、その前兆 (ノン・ブック)

天山プロジェクト 地震前兆検知器 ナマジー namazy Ver1.25

天山プロジェクト 地震前兆検知器 ナマジー namazy Ver1.25


【愛弥美】うちから徒歩2分のファミマは食べるところがあるのが良い。At Family Mart near home.
https://www.instagram.com/p/BBd_MXZI2rl/


【愛弥美】【日記】きょうは うまいぼう を 4こ も かって もらいました。
https://www.instagram.com/p/BBefIS2o2p-/



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.