探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】【悲報】「世界で最も危険な火山」1位に日本の火山が選出される!! 近未来、「カルデラ噴火」で日本壊滅か!?

スポンサード リンク

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
『【悲報】「世界で最も危険な火山」1位に日本の火山が選出される!! 近未来、「カルデラ噴火」で日本壊滅か!?』と題したもの。


先月、英国・マンチェスター大学のアルバート・ザイルストラ教授(天体物理学)が火山愛好家たちの協力を得て「世界で最も危険な火山10」を選定したという話題を取り上げている。
この10選の中に、日本の2つの火山が入っている。
4位には、阿蘇山
そして1位に輝いたのは、小笠原諸島の硫黄島。
輝いたといっても、全然嬉しくないですね。


4位の阿蘇山はともかく、1位が硫黄島というのが意外に思われるかもしれません。
まず、TOCANAの記事を読んでみてください。


tocana.jp


f:id:nmomose:20151201230026j:plain

【写真】硫黄島の摺鉢山遠景。
CC 表示-継承 3.0規約を閲覧
File:Mount Suribachi, Iwo Jima.jpg
アップロード者: Kzaral~commonswiki
作成: Uploaded to Japanese Wikipedia on May 8, 2007 by Karakara, upload to commons by Kzaral on September 14, 2008.


私ならば、1位の硫黄島と4位の阿蘇山を入れ替えるかもしれない。
今までブログやTOCANAで何度か紹介してきたが、破局カルデラ噴火、またはカルデラ噴火というのは、それだけ恐ろしいということだ。


実は巨大地震よりもずっとずっと怖いのが、破局カルデラ噴火なのだ。
今日のトカナの記事で書いているように、どんな巨大な地震でも、一つの国が滅ぶことはまずない。
だが、カルデラ噴火ならば、それはあり得るということ。


なので、今回のTOCANAの記事タイトルは、それほど大袈裟でもないのだ。
一度のカルデラ噴火…たとえば過去の阿蘇4と同等の噴火が起きれば、日本という国を壊滅させるパワーは、十分あるのだ。
私がこう書いても説得力がないだろうが、TOCANAの記事内で紹介している東大名誉教授の藤井敏嗣氏は、「もし万一、南九州で『阿蘇4』のような超巨大なカルデラ噴火が発生すれば、日本中が壊滅状態になることは確かです。地震で文明が断絶した例はありませんが、火山噴火が文明断絶をもたらすことは、7,300年前の鬼界カルデラの噴火でも実証済みです」(「カルデラ噴火! 生き延びるすべはあるか?」、NHKそなえる防災)と書いている。


100年以内に日本の何処かでカルデラ噴火が起きる確率は、1%とされている。
「この100年以内に」というのは、あくまでも確率の上の話だから、100年たっても起きないかもしれない。
逆に、100年どころか数年以内に、東京オリンピックの前後に発生してもおかしくない。


更に更に…。
カルデラ噴火がどこで起きるかにもよりが、たとえば阿蘇4カルデラが昔と同様の規模で破局噴火したら、川内原発なんて跡形もなくなるかもしれない。
九州は、それだけ大きなリスクがあるということだ。
カルデラ噴火と原発事故のダブルパンチで、日本は壊滅ということになる。


これからは地震だけでなく、カルデラ噴火を含めた火山噴火についても、もっと勉強しなくてはならない。
TOCANAで木村政昭名誉教授にインタビューした時にも、カルデラ噴火の可能性は絶無ではないと語っていた。
日本では、カルデラ噴火に対する研究が一向に進まないと、前述の藤井教授も語っている。
ある日突然、日本に想定外の「破局」が訪れる事のないように、政府レベルで対策を練ってほしいものだ。


破局噴火-秒読みに入った人類壊滅の日 (祥伝社新書126)

破局噴火-秒読みに入った人類壊滅の日 (祥伝社新書126)


今日はなんだかメッチャ耳鳴りが強い。
1~2日中に、関東あたりで揺れるかな。


珍しく…。Rare shot?
https://www.instagram.com/p/-vXJxLI2nJ/


【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://www.instagram.com/p/-uYVGoo2qE/



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.