探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【地震】薩摩半島西方沖でM7.0地震、30cm津波~リシルさんが体感予測していた


今朝5時51分頃、薩摩半島西方沖でM7.0、最大震度4の地震が発生した。
8時すぎに起きたら、iPhoneアプリに日本で大地震の通知が届いていた。

発生時刻:2015年11月14日 5時51分頃
震源地:薩摩半島西方沖(枕崎の西南西160Km付近)
最大震度:震度4
緯度:北緯30.9度
経度:東経128.7度
マグニチュード:M7.0
深さ:約10km


f:id:nmomose:20151114094230j:plain


この地震で、九州全域と西日本各地で揺れたようだ。
気象庁は午前5時56分、種子島屋久島地方、奄美群島トカラ列島鹿児島県西部に津波注意報を発表したが、午前7時20分に解除した。


奄美群島トカラ列島中之島で、6時26分から津波が到達し、6時45分に最大0.3mが観測された。
「なんだ、30センチか」と見くびってはいけない。
高齢者や子供は、その程度でも足を取られるかもしれない。
被害がなかったか気にかかる。


地震震源は、フィリピン海プレートユーラシアプレート(大陸プレート)に沈み込むあたりだった。
11/4にTOCANAで、10/26のアフガニスタン地震(M7.5)のことを書いた。
「日本で巨大地震が続く可能性が急浮上!! アフガニスタン地震(10月26日、M7.5)は完全に予測されていた!」と、編集部で派手なタイトルをつけられてしまった。


tankyu.hatenablog.com


「巨大地震」と書いた覚えはないのだけれど、西日本のユーラシアプレート上での大きな地震には警戒していた。
今朝の薩摩半島西方沖の地震は、ユーラシアプレート上で起きたということで、アフガニスタン地震に連鎖するものだったのかもしれない。


リシルさんが体感予測

11/7の下記の記事で書いたように、体感と霊感で地震予測するリシルさんは、11/6に下記のように書いていた。


tankyu.hatenablog.com

三陸沖と九州方面からです(>_<)震度4~5の地震にご注意下さい。ameblo.jp


「九州方面」と「震度4~5」は、その通りだった。
10日後の発震だった。


「体感」で地震を予測する人は、私自身も含めて、地震前に地中の岩石破壊により発生するパルス電磁波で説明できると思われる。
だが、体感で地震震源まで予測できるというのは、いまの科学ではどんな形でも説明できないだろう。


リシルさんは、地図上で道具を使わないダウジング的な手法も用いて、自分の体感などと合わせて地震予知をしているという。
霊感が強いリシルさんは、体感+霊感で予測していると思われる。
いつも当たるとは限らないが、今朝のような大きな地震を捉えることが多いように思う。


この地震アフガニスタン地震の影響だとしても、これで終わりではないかもしれないので、特に大陸プレート上の西日本では注意してください。


※私の企画・執筆(共著)の著書。
リシルさんのインタビュー記事もあります。↓

地震は予知できる!

地震は予知できる!


【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/-C2G3-I2nc/





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.