探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

ハバロフスクでクマが大暴れ+網走市ではアザラシの赤ちゃん漂着~地震前兆か?


宏観異常現象かもしれない出来事を2件、以下に紹介する。


AFP通信によると、ロシア極東ハバロフスク(Khabarovsk)で、ヒグマがショッピングセンターに侵入し、店頭を破壊するなどして数時間にわたり暴れ回った。


ショッピングセンターの防犯カメラ映像では、13日夜に閉店して人気のない店内で、クマが暴れまわる姿が記録されていた。
幼稚園の中庭に逃げ込み、警官らに包囲されたクマは、地元住民を襲う可能性があったために、その場で射殺された。


www.afpbb.com


このクマの出没だけならば、記事にしなかったかもしれない。
だが、10/12の下記の記事で紹介した、8日に大量のイワシがサハリン州の海岸に打ち上げられた件がある。


tankyu.hatenablog.com


両者の位置は地理的にそう遠くないので、もしかしたらと思った。
日本でも、たとえば2004年には日本海側を中心にクマの出没が多かった。
そして、その年の10月23日に新潟県中越地震(M6.8)が発生した。
東日本大震災の前年にも、クマの出没が多かった。


大きな地震が多発するカムチャッカ半島では、「クマが冬ごもりの穴から抜け出す」と地震があるという言い伝えがある。
クマ出没のすべてが地震に関連しているとは限らないが、ニュースになる度に、餌不足など地震以外の要因がないか注視するようにしている。

網走市ではザトウクジラの赤ちゃん漂着

また北海道の網走市の海岸では、


www.47news.jp


北海道網走市オホーツク海に面した砂浜に、子どものザトウクジラの死骸(体長約7.5m)が打ち上げられていた。
専門家は「低気圧接近に伴う大しけで体力を奪われ、自力で餌を捕れなくなって死んだのでは」と語る。


北海道大大学院の松石隆准教授によると、鯨は雌で、乳離れして間もない0~1歳とみられ、死後1週間から10日ほど経過していた。
15日に現地で解剖した結果、胃に内容物がほとんどなかった。
オホーツク海沿岸にザトウクジラが漂着するのは珍しいという。


この場合、地震とは関係なく、大しけの影響で死んでしまったのかもしれない。
このあたりは、例の羅臼町の海岸隆起もあった。
また、現在網走町あたりの陸沿いの海水温がやや高くなっているようだ。


イワシの大量打ち上げも含めて、この記事で紹介した2件の位置を地図上にプロットすると、下記のようになる。


f:id:nmomose:20151015213822j:plain


この3地点は、距離的にちょっと離れすぎだろうか。
もし、これらの中間地点あたりの海中で地震があったら、どうだろうか。


あくまでも、低い可能性だろうが、一応紹介しておくことにした。


※拙著Kindle本。クマの出没ケースも書いています。

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

※百瀬が企画した下記のムックでも、動物前兆を多数紹介。


今日も続いています。


【愛弥美】おはよ。Morning.
https://instagram.com/p/81W41zo2s7/





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.