探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

スポンサード リンク

大村智氏のノーベル賞受賞〜私心なく世のために尽くせば神仏は味方する

スポンサード リンク

昨日10月5日、2015年のノーベル医学生理学賞を、大村智(さとし)北里大特別栄誉教授(80)と、米ドリュー大のウィリアム・キャンベル博士(85)、中国中医科学院の女性科学者の屠ゆうゆう(と・ゆうゆう)首席研究員(84)の3氏に授与されることが決まった。


受賞理由は、大村氏とキャンベル氏が「寄生虫によって引き起こされる感染症の治療の開発」、屠氏が「マラリアの新規治療法に関する発見」。
ノーベル財団は、これらの研究が主に開発途上国感染症対策に役立っていることを、「人類への計り知れない貢献」と称えた。
ちなみに、中国籍の人物の受賞は自然科学3賞では初めてとなる。


大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者


大村氏は、寄生虫によって引き起こされるオンコセルカ症やリンパ性フィラリアなどの発生を劇的に抑えることができる「イベルメクチン」の元になる「エバーメクチン」など、数々の抗生物質を発見した。
失明を引きおこすオンコセルカ感染症を防ぐ特効薬は、アフリカの奥地の医師のいない集落にも、WHOを通じて無償で提供される。
この薬のお陰で、これまでアフリカの2億人の人々が失明から救われたという。


大村氏の経歴や化学者としてのエピソードを見てみると、この人は神仏の加護を得てきたために偉大な発明ができたのではないかと思えてくる。
そこには、私利私欲を離れた「無私の心」があるように思えるのだ。
この記事では、そのことを重点的に紹介したい。


大村氏は、1935年7月12日、山梨県北巨摩郡神山村で生まれ、現在80歳。
神山村というのがいわくありげな村名だが、全国各地にある地名だ。
大きな農家に育ち、当初は大学は行かず、農家を継ぐつもりだったという。
山梨大学学芸学部自然科学科を卒業し、東京都立の定時制高校の理科教諭としてスタートしたという異色の科学者だ。


その後、化学の研究者に転身し、米国ウエスレーヤン大学客員教授などを経て、北里研究所所長を務める。
世界的にも、天然有機化合物の研究で高く評価されている。


5日夜のノーベル賞受賞記者会見では、「なにか人の役に立つことはないかと絶えず考えている。そういうことが今回の賞につながった」と語った。
幼少期、小学校教師として忙しかった母の代わりに面倒を見てくれた祖母が、「とにかく人のためになることを考えなさい」と繰り返し諭したという。
科学者になっても祖母の教えは忘れず、常に世の中のためになる研究をしようと心がけた。


大村氏は、イベルメクチンの商用利用で得られる特許ロイヤリティの取得を放棄して、薬剤を無償で配布することに同意した。
それにより、メルク社はWHOを通じて薬剤を蔓延地に無償で配布できるようになった。
メルク社とは、かつて米国に客員教授として招聘されているときに紹介され、連携することを取り付けた製薬企業だ。


薬の開発の特許料は、北里研究所に入った分だけで250億円にもなる。
だか大村氏本人は「食べるだけで十分」と、研究所の経営再建や病院の建設などに巨額を投じた。


何かの決断を迫られる分かれ道に来た時には、子供の頃に言い聞かされていた祖母の言葉を思い出し、それを基準に考えてきた。


私が尊敬する人物の一人に、稲盛和夫氏がいる。
京セラ、第二電電の創業者であり、経営危機にあった日本航空を再建させた「経営の神様」だ。
稲盛氏は、何か重大な決断に迫られた時に、必ず「動機善なりや、私心なかりしか?」と自分に問うという。
私心なく、全体の利益を考えて行動していたから、神仏の加護があったのだろう。


その点は大村氏も同様だが、初めから私心がないからこそ、神仏の力を得て、人類に多大な貢献するような発明ができるのだろう。
こうしたエピソードでも、金の欲望から自由な境地に達していることがわかる。


以前からノーベル賞候補になっていたが、生理学医学賞、化学賞の他に、平和賞も受賞する可能性があるという声も出ていた。
特許権を放棄し、無私の心で人助けを続けたという人道的な立場からも、人類の福祉に寄与した科学者として平和賞を授与されても決して不思議ではないという声もある。


常に私心なく、国や世界全体のことを考えて行動する人は、自然と神仏の加護を得られるのではないか。
そういう意味でも、大村氏は真にノーベル賞受賞者に相応しい人物だと思う。


常に自分が属する会社全体の利益を考えて行動している人は、いつか自然と周りから押されて社長になるかもしれない。
その背後には、企業を守護する霊団、神霊、神仏がいるのだろう。


大企業の創業者の中には、稲盛氏のように、自然と「見えない力」を感じるようになり、自分の信仰を大切にしたりする。

ちなみに、稲盛氏は1997年に在家得度を受け、仏門に入った。


大村氏のように、常に世の中のためになり、人命を救おうと私心なしで行動していれば、宇宙創造神とチャンネルがつながり、偉大な発明ができるようになるのかもしれない。


大村氏の業績は、野口英世氏と匹敵するともいわれる。
将来は野口英世氏のように、小学校の教科書にも載るかもしれない。
今後、稲盛氏とともに、私の尊敬する人物に加わることだろう。


【参考】www.huffingtonpost.jp
ghitfund.yahoo.co.jp
http://www.hatsumei.co.jp/column/detail/2/22/SESSID:e16a4d429a3d119a4ed74400fc713a4d.html


5日夜の記者会見より。YouTube
ノーベル賞受賞の大村智さんが会見 「全部、微生物の仕事を整理したもの」 - YouTube
 


大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

人間の本質

人間の本質

微生物が地球をつくった -生命40億年史の主人公-

微生物が地球をつくった -生命40億年史の主人公-


【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/8eLdwXI2m9/



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.