探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

巨大地震と火山噴火関係の話題~阿蘇山破局噴火・富士山噴火・千島海溝地震

スポンサード リンク

ここ数日、地震予知関連の記事を書いていなかった。
毎日のようにGoogleで「地震予知」や「地震前兆」などでヒットして訪れる人々は、やはりそういうことを期待しているのだろう。
ところが、私が本当にこのブログで書きたいのは、そういう話題ではなく、やはり人間が生きていく上で本当に重要な情報なのだ。
つまり、世で言うところの「スピリチュアル」な話題だ。

  • 人間は、なぜこの世に生まれてくるのか?
  • 生まれる前はどこから来るのか?
  • 死んだ後はどこへ行くのか?
  • それともすべてが消え去るのか?
  • 人間が生まれてくる目的は?
  • 人生のゴールはどこに?
  • 宇宙が向かう先には何かがあるのか?


そういった疑問は、私は子供の頃から抱いていた。
誰にも聞く人がいなく、一人で自問自答していた。
一人、家の外に出て、夜空を見上げながら、考えていた。


地震とか天変地異というのは、その探求の「ゴール」ではない。
なので、自分にとっては、そういうことばかりを探求するのは不本意なのだ。
だが、人の生き死ににかかわることだから、最優先で取り組まなければならない。


私のFacebookでは、地震予知に関する情報を得たいということで、私をフォローしたり、友だち申請する人々がいる。
たしかに、そのような情報は得られるだろうが、「それだけ」の人間ではないのだということは、知ってほしいところだ。
この自然科学が発達した時代でも、人類は地震・火山噴火・台風・洪水などの天変地異をまったく克服できない。
この宇宙に創造主のような存在がいるとしたら、なぜ地球人たちにそのような目に遭わせるのか?
その答えは、やはり「スピリチュアル」な世界を探求しないと、得られないものだろう。


…というようなことは、この記事に関しては余計だったか。^^;
本題に入ることに。
私はいつもGoogleドライブに保存した「ブログネタ」というメモに、常時数十のネタを保持している。
中には、書きたくても、「これ書き出すと長くなるから…」と、どんどん溜まっていってしまったものもある。
その中で、短めで済みそうないくつかを、めんどいので1つの記事でまとめて書くことに。

阿蘇山カルデラ噴火

まずは、火山噴火のことから。
下記の8/25の記事で、カルデラ破局噴火について書いた。tankyu.hatenablog.com


この時は、主に桜島の破局噴火と川内原発への影響などについて紹介した。
その後、9/14に阿蘇山の中岳が噴火した。
そして、日刊ゲンダイで、カルデラ破局噴火に関する記事が出た。


www.nikkan-gendai.com


この記事では、まず武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏の言葉がある。
島村氏はこう語っている。

阿蘇山で心配なのは過去“経験”のある『カルデラ噴火』です。東京ドームの10万倍分のマグマが噴き出します。北九州全域が火砕流に覆われます。阿蘇山カルデラ噴火は前回が9万年前。いつ起きてもおかしくありません」
日刊ゲンダイ、2015/09/16より)


このような大規模な破局噴火が起きれば、九州の玄海原発川内原発が、火砕流でやられる可能性も出てくるのだ。
九州電力が、川内原発に影響を及ぼす噴火は稼働中には起こりえないと言っているが、根拠がないことだということなのだ。

阿蘇山噴火の次は富士山?

次も又阿蘇山に関係する話題だ。
この見出しは、下記の9/24の読売新聞の記事によるもの。


www.yomiuri.co.jp


この記事では、1707年の宝永地震(東海・南海地震、M8.7)が発生してから49日後に富士山で大規模な噴火(宝永噴火)があったことを紹介している。
だが、
だが、3.11の巨大地震が起きた後も、富士山は際立った活動は見せていない。
それでも、この記事ではチリの巨大地震の後で近隣の火山が噴火した例を示している。


静岡大学防災総合センター教授の小山真人氏は、少なくとも今後10年間は、富士山を含む東日本の火山について、注意深く経過を観察すべきだとしている。

北海道以北で1年半以内に破壊的地震の可能性

「破局」ということでは、地震の方でも…。
ロシア科学アカデミー極東支部海洋地質・地球物理学研究所地震研究室のイヴァン・チホノフ室長によると、破局的な巨大地震が、今後1年半以内に生じるかもしれないと語っているのだ。
M8以上の巨大地震が、2016年1月から2017年2月までに千島海溝の南部、得撫島周辺で起こる可能性があるという。


jp.rbth.com


この地震予測には、日本の茂木清夫氏の地震活動空白域の研究も用いられたという。
この地震は千島海溝北部で起こるとされるが、千島海溝では木村政昭氏も2015年までにM8.5の地震を予測しており、要注意だろう。

スズさんの夢

以降は、スピリチュアル的領域に入っていくので、そういうことが嫌いな方は無理に読まないでください。^^;
スズさんが、9/22のブログで「今後の日本は…」と題した記事を書いている。


ameblo.jp


スズさんは、2年ほど前に、男体山、夫婦山、桜島、富士山を含むいくつかの山が出てくる夢を見ていた。
その中の一つの山では、汚れた雪に沢山の人が倒れている光景があったという。
また、九州以外の内陸に噴火があれば壊れていく合図なのかも知れないと感じたという。


また、スズさんは、ブログでは書いていないかもしれないが、私への私信メールでは、津波の夢をよく見ることを懸念しているようだ。
自分のブログで書くと影響が大きすぎると躊躇しているのかもしれない。
スズさんのことをよく知っている人ほど私と同様に思うだろうが、スズさんが夢を見たり気になったりしたところでも、必ず災害が起きるとは限らない。


それを阻止するのが「祈りの力」であり、御札流しという尊い行為だということは、再認識された方が良いだろう。


スズさんは、以前にも伊豆諸島あたりで大津波の夢をよく見ていたが、その後に御札流しを続けるうちに、その夢を見なくなったという。
そういうことがあるので、以前にも書いたように、他の「予言」をするような人々とは一線を画さなければならない。


スズさんももちろんですが、スズさんの呼びかけに応えて御札流しを行う方々、本当にご苦労様です。
祈りなどによって、われわれは未来を変える力をもっていることは、忘れないでいたいものです。


※私が企画・執筆(共著)したムック。
スズさんの紹介記事もあります。

2015予言戦慄の未

2015予言戦慄の未

3.11 東日本大震災 激震と大津波の記録 [DVD]

3.11 東日本大震災 激震と大津波の記録 [DVD]

 


【今日の食卓】帰宅するなり、サルちゃんが「これ食べて」。ガリー・パップ(チキンカレーパイ)というそうで、田舎の方のお菓子?ジャワカレーで味付けしたチキンなどをパイ生地で包んで揚げる。初めてにしてはサクサクで美味しい。カレーパンの具のような味で、お菓子だね。Gari pap, Chicken curry pie. Aroi.
https://instagram.com/p/8SqFzWo2vJ/
サルちゃん、私や龍矢にも大好評なので、急きょ夜に第2弾を作ってました。


【愛弥美】おはよ。チャーハン全部食べた?すごい。Mornin'
https://instagram.com/p/8RV303o2jw/



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.