読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・地震予測等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【書籍】木村政昭名誉教授の最新刊『次に備えておくべき[噴火」と「大地震」の危険地図』を読んだ

スポンサード リンク

今日は、某メディアの依頼により、ある大物先生にインタビューをした。
まだ公にはできないが、このブログを訪れる方々の多くは、大いに関心がある内容でしょう。


今日は、木村政昭琉球大学名誉教授の最新刊を紹介したい。
『次に備えておくべき[噴火」と「大地震」の危険地図』(木村政昭著、青春出版社、1,250円+税)というもの。
実はこの本、某編集部から参考資料として送られてきたものだ。


f:id:nmomose:20150908213210j:plain


木村氏といえば、阪神淡路大震災東日本大震災御嶽山噴火など、さまざまな地震・噴火を予測し的中してきた人だ。
その先生が、日本各地の大地震・火山噴火を予測している本だから、実用性(?)は大いにある。


いままで多くの著書を書かれてきた木村氏だが、この本はかなり毛色が変わっている。
書名に「危険地図」とあるように、テキストが主体ではなく、地図が主体で、その解説として文章があるという形だ。
その意味では、ヴィジュアルで解りやすく、地震や火山の知識があまりない人でも、取っ付き易いのではないか。


まず、北海道や東北といった単位でエリア毎の見開きページがあり、地図がある。
次に、予測される大地震と噴火を1頁にまとめている。
そして、「危険度メーター」ということで、1~5の5段階で設定している。


そういう編集方針だから、雑誌的に気軽に読み進めることができる。
ちなみに、冒頭の「北海道東方沖地震」は危険度メーターが、最大値である「5」となっている。
また、首都直下地震は当面は起きないと言っている人だから、そこの危険度は「1」だ。


木村氏の著書の中で、どれか1冊をお薦めするならば、この本だろう。
これを読んだ後で、さらにもっと理屈的なところを知りたいという人は、他の本を読めば良い。


この本については、冒頭で参考資料と書いてしまったが、あとで某所で詳しく紹介することになっているので、今日はこのへんで。
自分でも買っていただろうが、もらえて良かった。


Amazonでの購入はこちらから。

東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか

東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか

大地震は必ず来る!?

大地震は必ず来る!?


ある読者の方から、秋田のバター餅と納豆せんべいを送っていただいた。
特に納豆せんべいは、納豆が大嫌いなサルちゃんも騙されて(?)美味しい美味しいと食べていた。
なぜか龍矢も愛弥美も気に入ったみたいだ。

 


【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/7WGuL0o2uu/



スポンサード リンク

千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.