探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

いま急増している地震前兆〜スーパームーン、太陽フレア、動物異常行動

スポンサード リンク

さきほど、私が執筆した記事がTOCANAに掲載された。
これは一昨日緊急にネタ出しし、昨日書き上げて編集部に送ったものだ。
まずトカナの記事を読んでください。
その後で、こちらで補足的なことを書きます。


名古屋のイノシシ出現のニュースは、こちらにある。


新潟のダイオウイカ水揚げのニュースは、こちら。


また、昨年の深海魚などの出現と大地震の対応について。
2013年1月〜3月頃に、リュウグウノツカイなど深海魚などの漂着が相次いだ。
ハピズムで記事を書いていた。


これを書いた後で、「外したか?」とも思ったが、そうでもなかったかもしれない。
その後もさまざまな海の生物の座礁が続々と起こった。

  • 2013/04/25千葉県館山市で小型のクジラが座礁
  • 2013/04/26新潟県上越市吉浦の海岸でダイオウイカが漂着
  • 2013/04/26鹿児島県南さつま市笠沙町片浦にイルカ31唐が打ち上げられる。

そして、下記の2つの大きな地震があった。

これらの地震の前兆だったのか?


いま、太平洋プレート境界周辺が動き出しているようだ。
西之島新島出現も、その一つだろう。
トカナで書き漏れたことがあって、それは、海の生物の出現の場合、もしそれが巨大地震の前兆ならば、3ヶ月とか半年とか、長いタイムスパンで捉えなければならないということ。
ただ、冬場はリュウグウノツカイのような深海魚の出現がけっこうあるので、そのへんは差し引いて考えなければならないが。


松原照子さんによると、大震災は今年は「ギリギリセーフ」ということだが、「大きめの地震」は例年のように(それ以上に?)あるだろうから、注意するに越したことはないだろう。



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.