読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

喪中のため年賀欠礼のお知らせ

一般
スポンサード リンク

今日は、母に頼まれたものなど、正月用の食品などを買い出しに行ってきた。
年末年始休みはあれこれやろうと思っていたのだけど、もう半分以上過ぎてしまった。


昨年5月にサルちゃん(タイ人の家内)の父が肝臓がんで他界した。
そのため、日本の慣例に従って、年賀欠礼ということにさせていただきます。
つまり、新年のご挨拶を控えます。


こういう慣習はそもそも神道のケカレの概念に関係している。
仏教国タイには、このような慣習はないだろう。
だが、日本の慣例に従って、新年の挨拶は控えることにしたい。


喪中の解説は、下記の郵便年賀のサイトにある。

喪中のマナー|郵便年賀.jp



上記サイトによると、通常喪中の期間は1年で、喪中の範囲は2親等までとされている。
自分から見て配偶者の親も2親等になるため、喪中が適用されることになる。
もっとも、これは地域や共同体によって微妙に違ってくるようだが。


お知らせするのが遅れて、年賀状などを送ってくる方もいるかもしれない。
それは仕方ありませんね。
あまりキッチリしたものではなく、一応慣例に従おうという程度ですので。


こういう日本の習慣をサルちゃんに説明するのは大変だな。^^;
11月から来年1月まで帰省しているのは、亡くなったお父さんの供養のためだ。
以前に書いたように、タイ人には墓がないから、墓参りとは言えない。
表現が難しい。


たぶん今日中に、最低もう1本は記事を書くと思います。


これ1冊でカンペキ!図解 日本のしきたりがよくわかる本―日常の作法から年中行事・祝い事まで

これ1冊でカンペキ!図解 日本のしきたりがよくわかる本―日常の作法から年中行事・祝い事まで

英語対訳で読む日本のしきたり (じっぴコンパクト新書)

英語対訳で読む日本のしきたり (じっぴコンパクト新書)


【愛弥美】「ヨーグルト食べたでしょ?」「たべてないよ。なにそれ?」"You ate yogurt?" "No. What's that?"
http://instagram.com/p/xO1z35I2tt/



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.