探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

深海ザメ「ラブカ」を静岡県沖で捕獲

スポンサード リンク

今日のYahooニュースによると、「生きた化石」と呼ばれる深海魚ラブカが20日に静岡県沼津市の沖合いで捕獲された。
沼津市の大瀬崎沖で、生きたまま捕獲されたという。


ラブカは漢字で羅鱶と書くが、カグラザメ目の深海ザメだ。
過去のデータから、カグラザメ同様に、大きな地震の前に現れることが多いように思う。
捕獲したラブカは全長約1.6メートルのメスで、底引き網に掛かっていた。


ラブカについては、TOCANAのカグラザメの記事で書いているので、読んでみてください。
■カグラザメは地震を予知するか?


大瀬崎といえば、駿河湾
こんなところまで深海鮫が入り込んでくるのは、よくあることなのか?
南海トラフ地震(東海)の前兆だったら大変だが、そんな1~2ヶ月かそこら先に大地震があるとは思えないので、違うだろう。


過去のラブカ捕獲の後で大きな地震があった例としては、

  1. 2011/03/08、静岡県・駿河湾沖→2011/03/11東日本大震災M9.0
  2. 2012/03/08、静岡県・駿河湾沖→2012/03/14千葉県東方沖M6.1
  3. 2013/09/22、静岡県・駿河湾→2013/10/26福島県沖M7.1
  4. 2014/03/21、静岡県・駿河湾沖の網→2014/05/05伊豆大島近海M6.0

といったように、かなりの大地震の前に出現していることが多い。


深海魚は、特に冬季には地震と関係なく浮上することも多い。
だが今は海水温を見てみると、特別に高いわけではない。


今まで集めたデータでは、カグラザメとラブカは地震発生の確度が高いように思う。
もっとも、どの動物異常行動でも言えることだが、単一のケースだけで地震前兆とは判断しない方が良い。
当たり前のことなので、ものぐさな私は毎回こういうことを書きたくないのだけど…。
書かないと誤解する人が多いので。


今は特に東日本の太平洋側で、不穏な動きが見られるので、注意していきたい。


※私の著書のKindle本↓

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

深海生物ファイル―あなたの知らない暗黒世界の住人たち

深海生物ファイル―あなたの知らない暗黒世界の住人たち

深海世界

深海世界

深海生物―奇妙で楽しいいきもの

深海生物―奇妙で楽しいいきもの

魚の地震予知

魚の地震予知


【龍矢】【愛弥美】あやちゃんの写真を撮ろうとすると「ぼくも」と入り込んでくる。Ryuya "Take me too"
http://instagram.com/p/tJWc0Do2i1/

【愛弥美】ぎょうざの満州で、人参とジャガイモのお弁当。Ayami had carrot and potato.
http://instagram.com/p/tJyYemo2sb/

【龍矢】試乗中。Test riding
http://instagram.com/p/tJ-EFKI2pL/



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.