探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

「巨大地震はいつ来るのか」(7/21テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」)~木村政昭氏の予測

スポンサード リンク

昨日7/21祝日に、テレビ朝日系列「ビートたけしのTVタックル」で、『巨大地震はいつ来るのか?』が放映された。
ここで話題にするのは、木村政昭琉球大学名誉教授が出演されたからだ。


巨大地震はいつ来るのか?どこに?規模は?予知学者vs反対論者が大激論!もしも首都直下型地震が起こったら…恐怖のシミュレーション!自然界に異変…富士山爆発の前兆が?(「ビートたけしのTVタックル」)


また、FM電波による地震予知でお馴染みの串田嘉男(八ヶ岳南麓天文台代表)氏も出演されていた。


木村名誉教授はあまり頻繁にテレビに出演される人ではないので、貴重な番組だ。
私はこの番組のことを事前に知っていたが、うっかり忘れてしまって、30分以上たってから見始めた。
もっとも、最後まで見なかったが。


注目すべきなのは、木村氏が予測する伊豆・小笠原諸島の「スーパー巨大地震」だ。
この人は、富士山噴火と首都直下地震については否定されているので。


この地震、木村氏のホームページの予測地図上では、「2012±5(M8.5)」となっている。
だが、昨日の番組では、予測時期は変わっていないが、規模が「M9.0」と言っていた。
以前もM9.0だったが、その後M8.5に変わったので、戻ったことになる。


2017年までに巨大地震が起きるということで、もし実際に起きたら、富士山噴火にも影響するだろうと語っていた。
2017年といえば、南海トラフ地震・富士山噴火・首都直下地震も、このあたりで起きる可能性があると思っている。
これにもう一つ巨大地震が起きれば、さらに大変なことになり、被害状況によっては東京オリンピック中止ということもあるのではないか。


木村氏によれば、昨年11月に出現した西之島新島も、氏が予測する地震と関係があるという。
根拠としては、伊豆大島三原山が、1923年の関東大震災の前の1912年にも噴火していること。


この番組、すでにYouTubeに投稿されているので、興味ある方は見てください。

◎2014 07 21 TVTackle ビートたけしのTVタックル 140721

2014 07 21 TVTackle ビートたけしのTVタックル 140721 - YouTube


ちなみに、木村氏の地震予測については、拙著『予言・天変地異 その日に備えよ』(ダイアプレス)でも紹介している。


■木村政昭ホームページ


巨大地震が再び日本を襲う!

巨大地震が再び日本を襲う!

「噴火の目」で予知する富士山噴火のXデー

「噴火の目」で予知する富士山噴火のXデー

東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか

東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.