探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

トカゲの『神遣い』が現れた?~吉凶か天変地異のお知らせか?

スポンサード リンク

今日は家族4人でイオンモール東久留米店へ行ってきた。
西武新宿線花小金井駅から隣の田無駅で下りて、バスで10分弱のところ。
お金がなくて、何を買うでもないけれど、とにかく涼みに行った。


帰りに田無駅前の博文堂書店に入ったら、拙著『予言・天変地異 その日に備えよ』(ダイアプレス)が2冊置いてあった。
自分が書いた本をコンビニ以外の書店で見るのは初めてで、すごく嬉しかった。
http://instagram.com/p/qWLE5EI2gQ/
拙著「予言・天変地異」、田無の博文堂書店の科学雑誌コーナーに2冊あった。書店に置かれているのを初めて見て嬉しい(涙)。サルちゃんからは「ばか」と言われたが。


その後、花小金井駅に着いて、自宅まで多摩湖自転車道路を歩いていたところ、サルちゃんが前方を指さした。
見ると、小さなトカゲが歩道の2mほど先に佇んでいる。
近づこうとすると、サササッと左へ逸れて茂みに入って行った。
それでも草の影から見えるので追ったところ、ずっと道端へ入っていき、見失った。


久々の「神遣い」のお出ましかもしれない。
その直後、「これは何か吉凶ではないか」と思った。
だが、あとで冷静に考えてみると、そうとは言えないかもしれない。


1990年代に本格的に聖地巡礼を始めて以来、神社仏閣などの聖地で、「神遣い」が出現したことが何度もあった。
話せば長いことが多々あって、それらをまとめただけで1冊本が書けるだろう。
この記事を書き始めてからここまで書いて、ちょっと途方に暮れかけている。
皆まで書かずに、どうやってお茶を濁そうかと。^^;
別にサボりたいわけではなくて、原稿も書かないといけないのでね。


ヘビ、トカゲ、カニ、カラス、トンボ(死骸含む)、カマキリ、てんとう虫、犬、猫、etc。
特に多いのが、ヘビ、トカゲなどの爬虫類だ。
また、カニやトンボも”龍神系”だろうと思っている。
自分が龍神系の神々に縁があることがわかった今では、すべてが納得できている。


バリ島サヌールのホテル、グランドバリビーチにある「南海の女王」ニャイ・ロロ・キドゥルさまに献上された部屋で祈った後で、黄金のヘビが自分の目の前を横切ったこともあった。
…こう書いていくと、何時間かかるかな…。^^;
なんとか楽できないかなと、自分のブログを検索してみたら、あった。


「神遣い」歴代ベスト10


すばらしい。こんなまとめ記事を書いていたのを、すっかり忘れていた。
あの頃は、よっぽど暇だったのか(ちがうか…)
というわけで、これ全部読んでください。


これを読みなおしてみて思うのは、「神遣い」たちは、自分が道行く前を横切る場合が多い。
いかにも「見つけてくれ」と言わんばかりに。
ところが、自分では見つけられない場合が多い。
それくらい、普段からまわりはの注意力がなく生きている人間なのだ。
今日も、見つけたのはサルちゃんだった。


自宅付近の自転車道で、トカゲを見たことは、これで2回目か3回目だろう。
自分では見つけられず、奥さんが見つけることが多い。


探求三昧で「神遣い」で検索すると、もっと色々面白い記事が見つかりますよ。
そんな暇じゃない?失礼しました。


今日のトカゲは何だろうな?
神遣いだとしても、吉兆なのか凶兆なのか。
凶兆だとしたら、それは天変地異のお知らせか?
自分に起きる個人的な出来事の凶兆かもしれないが。
まだその方が「良い」かもしれないが。

サルちゃんが大泣き

以下は蛇足的に書くことなので…。
スルーしても結構です。


今日、イオンモールで、サルちゃんが子供服を見ていて、突然に龍矢がいなくなった。
さっきまでエレベーターの前でボタンを押して遊んでいたので、もしかしたら乗って別の階へ行ってしまったのかもしれないと思って、全部の階を回ってみた。
だが、見つからない。


元の階へ戻ってみると、サルちゃんが大泣きしている。
またそのフロアーをくまなく探してみると、子供の遊び場の前に置かれたアンパンマンのカートに乗って、座っていた。


サルちゃんは龍矢を抱きしめて、また大泣き。
事情のわからない龍矢も、もらい泣き。
タイではよくあるそうだが、龍矢が誘拐されたのかもしれないと思ったという。


以前に、サルちゃんは「龍矢は私のすべて」と言っていたが、それは本当なのだろうと実感した。
今は愛弥美が生まれて、人生のすべてが二人になったわけだ。


ただこれだけの話だが、心優しく常に子供に愛情深い彼女らしい話なので、ここに書いておく。
ここまで自分を無にして子供に尽くせるのって、いかにもタイ人らしいなと思う。
本当に子供のことは安心して任せておける子だ。


お金がすべてみたいなタイ人社会に生まれ育って、
日本に来て、知ったかもしれない。
たとえ貧しくても愛する家族と共に暮らせることこそが真の幸せなのだと。


※うちの息子一人と二人の娘たち。
http://instagram.com/p/qV6wG-I2gQ/
【龍矢】【愛弥美】イオンモール東久留米店にて。仲良し3人兄弟。At Aeon Mall.



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.